銀行カードローンでお金を借りる方法│おすすめのカードローンや金利や返済額など徹底比較

銀行や消費者金融が取り扱っているカードローンは急な生活費の補填や、物品の購入などに便利に使えるローン商品です。

銀行からお金を借りるイメージとしては、店舗に行き、別室で相談を行い利用目的を話した上で融資をしてもらえるといった印象を持つ方は少なくありません。

しかし、銀行カードローンは契約時に決めた利用限度額までの範囲をいつでも好きな時にATMや振込を利用し出金することが可能です。

借りたお金は毎月、金融機関ごとに定められた最低返済額以上の金額をATM入金や振替返済を行うため、銀行のキャッシュカードを使うのと同じ要領で借入と返済を行っていくことができます。

自分都合で好きな時に利用できる便利なローンで利用用途は原則自由です。

このような用途で利用できます
  • 給料日前で数万円だけ生活費を補填したい
  • 冠婚葬祭で急遽お金が必要になった
  • どうしても欲しい商品を購入するのに手持ちがない
  • 急な飲み会の費用が足りない

例えば、あらかじめ契約した限度額が30万円だった場合、30万円全額を借入する必要はなく、この範囲内の2万円だけ借入するといったことも出来ます。

そこで本記事では銀行カードローンのお金の借り方や、金利、月々の最低返済額など気になるポイントを徹底比較。

銀行カードローンから借り入れを検討されている方は是非お読み下さい。

おすすめの銀行カードローン
ローン商品名銀行名金利融資時間目安
楽天銀行スーパーローン楽天銀行年1.9~14.5%最短翌日
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
三菱UFJ銀行年1.8~14.6%最短翌日
三井住友銀行カードローン三井住友銀行年4.0~14.5%最短翌営業日
みずほ銀行カードローンみずほ銀行年2.0~14.0%最短3日程度※
オリックス銀行カードローンオリックス銀行年1.7~17.8%最短3日から
※普通預金口座開設後に申込スタート

銀行カードローンを利用するメリットとデメリット

まず、銀行カードローンを利用するにあたりどのようなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう。

利用するメリット
  • 消費者金融と比較すると金利は低め
  • コンビニATM手数料が無料の場合が多い
  • 大口の限度額を作れる可能性がある
  • 月々の返済額が低めのところが多い
利用するデメリット
  • 無利息期間の取り扱いがない(例外あり)
  • 即日融資に対応していない
  • 銀行の取り扱う他のローンに比べると金利が高い
  • 信用情報が傷つきやすい

ざっくりまとめると、銀行カードローンは、消費者金融よりも比較的低金利で融資を受けることができるといった点。

それに加え、セブンイレブンなどのコンビニ提携ATMの利用手数料が借入と返済が0円に設定されていることが多いというところです。

逆にデメリットとなる面は、無利息期間の取り扱いがないという点に加え、即日融資に対応していないため、あらかじめ契約がない場合は申込当日中の借り入れを行うことができません。

これらのメリットデメリットにおいて重要な点を詳しく解説していきます。

消費者金融のカードローンよりも比較的低金利で融資を受けることができる

同じカードローン商品を扱う消費者金融と比較すると銀行カードローンは比較的低金利で融資を受けれる可能性が高いです。

実際に、大手5社のカードローンと銀行カードローンの一部を比較してみましょう。

消費者金融カードローンの金利
業者・サービス名銀行グループ下限金利上限金利無利息期間
プロミス三井住友銀行年4.5%年17.8%あり
レイクALSA新生銀行年4.5%年18.0%あり
アイフル年3.0%年18.0%あり
アコム三菱UFJ銀行年3.0%年18.0%あり
SMBCモビット三井住友銀行年3.0%年18.0%なし
※2021年2月調べ
銀行カードローンの金利
カードローン名下限金利上限金利無利息期間
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8%年14.6%なし
三井住友銀行カードローン年4.0%年14.5%なし
みずほ銀行カードローン年2.0%年14.0%なし
楽天銀行スーパーローン年1.9%年14.5%なし
オリックス銀行カードローン年1.7%年17.8%なし
auじぶん銀行カードローン
(じぶんローン)
年1.38%年17.4%なし
PayPay銀行カードローン年1.59%年18.0%あり
※2021年2月調べ

カードローンは、金利幅が一律ではなく、幅広い金利の範囲内で契約する金利が決まります。例えば消費者金融の場合なら、年3.0%から利息制限法の条件となる18.0%の範囲が適応されます。

第一章 利息等の制限 (利息の制限)
第一条 金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が十万円未満の場合 年二割
二 元本の額が十万円以上百万円未満の場合 年一割八分
三 元本の額が百万円以上の場合 年一割五分

引用元:e-Gov法令検索 利息制限法 より抜粋

基本的に大手消費者金融のカードローンでは、初回契約時の最小となる限度額は10万円に設定されていますので、上限となる金利は18.0%です。

一方で銀行カードローンは、上限となる金利は13.5%~18.0%の範囲で決められているため、消費者金融よりも低い金利で融資を受けられる可能性が高いです。

初回契約時点で下限金利を比較するのはナンセンス 上限金利を比較しよう

カードローンの金利比較は上限金利で必ず行うこと!

カードローン選びにおいて非常に重要なのが、上限金利で比較するということです。

例えば金利幅が、3.0%~18.0%だったとすると、中間程度の8.0%~12.0%くらいで契約を行うことができるようなイメージを持つ方もいらっしゃいますが、初回契約時はほとんどの場合適応される金利は上限金利です。

カードローンというものは、初回契約の場合、借り換えなどの大口融資を希望する以外の場合はローン商品の特性的に大体10万円~50万円の範囲で契約を行うことが多いです。

基本的に限度額が大きくなるに比例して契約する金利は下がっていきます。

例えば、銀行カードローンで最低金利を適応する為に必要な限度額をみてみましょう。

下限金利を適応する為に必要な限度額
カードローン名適応金利利用限度額
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
年1.8~6.1%400万円超~500万円以下
三井住友銀行カードローン年4.0~4.5%700万円超~800万円以下
みずほ銀行カードローン年2.0%※800万円
楽天銀行スーパーローン年1.9~14.5%800万円
オリックス銀行カードローン年1.7%700万円超800万円以下
PayPay銀行カードローン年1.59%1,000万円
※2021年2月調べ
※カードローンの利用店でみずほ銀行の住宅ローンを契約中の場合、基準金利から年0.5%金利を引き下げ

このように、下限金利を利用する場合は非常に、大枠の限度額で契約を行う必要があります。

さらに銀行カードローンでは2018年の1月に自主規制により、年収の二分の一から三分の一までを目安とすることにしていますので、500万円の限度額を作りたい場合は、前年度の年収が少なくとも1,000万円~1,500万円ほど必要になります。

下限金利を適応するというのは非常に困難であると考えておきましょう。

これを踏まえた上で話を戻すと、カードローンの金利を比較する場合は上限金利で比較することを認識しておきましょう。

銀行カードローンの金利
カードローン名上限金利無利息期間
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
年14.6%なし
三井住友銀行カードローン年14.5%なし
みずほ銀行カードローン年14.0%なし
楽天銀行スーパーローン年14.5%なし
オリックス銀行カードローン年17.8%なし
auじぶん銀行カードローン
(じぶんローン)
年17.4%なし
PayPay銀行カードローン年18.0%あり
※2021年2月調べ

このように上限金利で考えると14.0%~15.0%の範囲で契約を行うことができれば、銀行カードローンならではの金利で契約を行うことができたと言えるでしょう。

無利息期間は消費者金融カードローンのほうが充実

無利息期間の解説と説明

消費者金融で、多くの業者は初回契約時、または初回借入日から一定期間利息が掛からない「無利息期間サービス」を行っています。

業者・サービス名無利息期間適応期間
プロミス※130日初回借入日翌日から
レイクALSA最大180日初回契約日翌日から
アイフル30日初回契約日翌日から
アコム30日初回契約日翌日から
SMBCモビットなしなし
※1 メールアドレスの登録とWeb明細利用の登録が必要
※2021年2月調べ

簡単に説明すると、18.0%の金利で30日間ほど10万円を借りた場合、約1,500円ほど利息が掛かります。

カードローンは、借りた金額に金利をかけ算しそれを日割りで計算したものを利息として支払います。

利息の計算式図解

一定期間の間、利息がかからない為この間に完済してしまえば元金のみの返済で済みます。

借りたお金はすぐに完済予定、または返済の目処がある程度ついているという方の場合は消費者金融のカードローンを利用したほうが、返済総額が少なく済むこともあるのでこちらも視野に入れておくとよいでしょう。

即日融資は対応なし。初回着金が早くて翌営業日

銀行カードローンと消費者金融の審査スピードの差

銀行カードローンは、即日融資を行うことは断言しますが、不可能です。

銀行カードローンは2,018年の1月より自主規制を行い、より審査を厳格化しており、全国銀行協会が預金保険機構を介し、警察庁のデータベースへアクセスし利用者に問題がないか調べる事が審査の一環として行われるようになったからです。

参考:全国銀行協会│ニュース&トピックス│平成30年1月4日公開記事

この結果が分かるまで最短でも翌営業日になるため、銀行カードローンは即日融資を行っていないことがわかります。

一方で消費者金融の場合は、申込から融資まで最短30分から1時間ほどで融資を受けることが出来ます。

レビューのために実際に発行した5社のローンカード写真
実際に発行した消費者金融のローンカード写真
左からプロミス、アイフル、アコム、SMBCモビット、レイクALSA
プロミスは旧ローンカードの写真
2021年2月撮影
業者・サービス名称審査時間目安初回融資時間目安無利息期間
プロミス最短15秒※最短30分融資30日
レイクALSA最短15秒最短1時間最大180日
アイフル最短30分最短1時間30日
SMBCモビット最短30分最短即日融資なし
アコム最短30分最短即日融資30日
調査日 2021年2月
各社営業時間外は審査なし
※事前審査結果表示
※事前審査結果の確認後、本審査が必要
※新規契約時点の融資額上限は50万円まで

無利息期間と併用することで、急いで融資を受けることができる上、一定期間利息も掛からないことから利用目的や、一時的な融資希望の方には銀行カードローンよりも良い条件で融資を受けれる可能性もあります。

急いでいるという方は消費者金融カードローンも検討するようにしましょう。

銀行カードローンのおすすめランキング

おすすめの銀行カードローン

おすすめの銀行カードローンを3つほど紹介します。

抜群の知名度で利用者の多い「楽天銀行スーパーローン」

楽天銀行スーパーローンのイメージ
借入限度額実質年率WEB申込融資時間目安
10万円~800万円年1.9~14.5%対応最短翌日
無利息期間口座開設パート・アルバイトスマホATM取引
不要利用可
楽天銀行スーパーローンのここが魅力
  • 楽天会員の方は審査優遇※
  • ネットバンクならではの控えめな金利
  • 新規入会特典で1,000楽天ポイントプレゼント
  • 申込から契約までスマホ1台で完結

※必ずしもすべての楽天会員が審査の優遇を受けられるとは限りません。

ネットバンクとして知名度が高い楽天銀行が取り扱っているカードローン。上限となる金利は14.5%であるため、消費者金融よりも比較的低金利で融資をうけることができるのが魅力。

申込から融資までスマホ1台で完結し、最短翌営業日に融資実行と急いでいる方にも向いているカードローンです。

審査の厳しいカードローンのイメージはありますが、アルバイトやパートをしている方であれば、20歳以上の学生や、主婦の方でも利用できる敷居の低さも人気です。

使い方は原則自由。幅広い用途で利用することが出来ます。他社から融資を受けているものの金利見直しによる借り換えにも利用することも出来ます。

メガバンクで安心感が人気の三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱URJ銀行カードローンバンクイックのイメージ
借入限度額実質年率WEB申込融資時間目安
10万円~500万円年1.8~14.6%対応最短翌営業日
無利息期間口座開設パート・アルバイトスマホATM取引
不要利用可
バンクイックのここが魅力
  • 口座開設不要で口座がない方でも申込できる
  • 審査回答は最短翌営業日
  • 審査完了後に来店すればテレビ窓口からカード受け取り可
  • コンビニの提携ATMの利用手数料が借入、返済も無料で利用可
  • 月々の返済は1,000円から

メガバンクの三菱UFJ銀行カードローンが取り扱うバンクイックは、安心感を求めて利用されるユーザーが多い傾向にあります。

銀行の中では審査が比較的早めで、スマホで申し込みを澄ませば審査回答は最短翌営業日。契約後はカードを店舗内に設定されているテレビ窓口へ来店すればその場でカードの受け取りも可能です。

店舗内に設置されているテレビ窓口の例
三菱UFJ銀行の店舗内に設置されているテレビ窓口
2021年2月撮影

利用方法は基本的に、三菱UFJ銀行直営のATMかコンビニエンスストアの提携ATMから入出金する方法がメインとなります。

コンビニの提携ATMも無料で入出金出来るため、借り入れに返済する場所に困ることはほとんどないと言えるでしょう。

ローンカードはキャッシュカードとは別に発行されるため三菱UFJ銀行の普通預金口座は不要なので申込後すぐに審査を行ってもらえます。(土日祝日、年末年始除く)

返済額は月2,000円から!返済サポートに充実した三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンのイメージ
借入限度額実質年率WEB申込融資時間目安
10万円~800万円年4.0~14.5%対応最短翌営業日
無利息期間口座開設パート・アルバイトスマホATM取引
不要利用可
三井住友銀行カードローンのここが魅力
  • 口座開設不要で口座がない方でも申込できる
  • 審査回答は最短翌営業日
  • 審査完了後にローン契約機へ行くことでカード受け取り可
  • コンビニの提携ATMの利用手数料が借入、返済も無料で利用可
  • 返済額は月々2,000円から
  • 返済が難しい場合はカードローンプラザで相談可

三井住友銀行カードローンは、普通預金口座を持っている方はそのままローン機能を付けることが出来るためキャッシュカードをそのまま使うことが出来ます。

普通預金口座を持っていない方は、専用のローンカードを発行してもらえるため、口座がない方も利用することが可能です。

審査回答は最短で翌営業日回答となるため、銀行カードローンの中では比較的早い方の部類だと言えます。

ATMも三井住友銀行カードローンや、コンビニに設置されている提携ATMなら、借り入れも返済も無料で利用できるため、借りる場所に困るということも少ないはずです。

三井住友銀行カードローンの無料で利用できるATM一覧

利用は、満20歳以上、69歳以下の方で安定した収入がある方であれば利用できます。パートやアルバイト、年金受給者の方でも利用することができるため、比較的利用しやすいのも嬉しいところです。

銀行カードローンの月々の返済額についての注意事項

銀行カードローンのメリットの一つとして月々の返済額が低めに設定されているという事が多いのが特徴です。

各銀行カードローンの月々の最低返済額

カードローン名称10万円の返済額20万円の返済額
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1,000円※2,000円※
三井住友銀行カードローン2,000円4,000円
みずほ銀行カードローン2,000円2,000円
楽天銀行スーパーローン2,000円5,000円
オリックス銀行カードローン3,000円※26,000円※2
※年8.1%以下で契約した場合
※2020年3月24日以降に申込した方

こちらはあくまで、銀行の指定する月々の最低返済額(ミニマムペイメント)になりますので、これ以上の金額を返済するということは自由に行うことが出来ます。

早く完済したいという方は、いつでも一括返済できますし、月2,000円のところ10,000円の返済を行っても問題ありません。

最低返済額が低く設定されており、ゆとりをもった返済を行えるということです。反面、元金が減りにくいという面もあるため、余裕があるときは多めに返済しておくといった意識を持つようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました