楽天銀行スーパーローン審査を徹底解説!楽天会員や口座を持っている人は審査が優遇されるのか?

楽天銀行が提供している楽天銀行スーパーローン(カードローン)は年14.5%の銀行ならではの金利で借り入れが可能です。

楽天会員なら楽天ポイントの付与や金利が半額になるといったお得なキャンペーンも魅力的です。

楽天銀行スーパーローンは楽天口座を開設しなくても申込可能です。楽天銀行の口座を持っている人はスマホやパソコンなどから24時間いつでも口座振込によって即時融資をしてくれます。

カードローンの利用を検討している方の中には低金利でお得なキャンペーンが多い楽天銀行スーパーローンが気になっている方も多いでしょう。

楽天銀行スーパーローンの審査は会員ランクで優遇されるので楽天会員のランクを上げることが審査を通りやすくする近道です。

楽天銀行スーパーローンの 審査に通るためにはどうすれば良いのか?この記事では楽天銀行スーパーローンの審査で重要視される項目や審査を通りやすくする方法、審査落ちする人の傾向など詳しく解説していきます。

楽天銀行スーパーローンの申し込みを検討している方やカードローン審査が不安な方はこの記事を参考にしてください。

この記事は下記の情報を知りたい人におすすめ
  • 楽天銀行スーパーローンの審査基準が知りたい
  • 楽天銀行スーパーローンの審査に通る方法を知りたい
  • 楽天銀行スーパーローンの審査難易度が知りたい
  • 楽天銀行スーパーローンの審査に落ちたくない
楽天銀行スーパーローンの概要
金利(実質年率)年1.9〜14.5%
限度額最大800万円
貸付条件20歳〜62歳の毎月安定した定期収入のある方
審査スピード最短当日
返済方式残高スライドリボルビング返済方式
遅延損害金(実質年率)年19.9%
担保・連帯保証人不要
\申込は24時間365日随時受付中/

公式 今すぐ申し込みはこちら

楽天銀行スーパーローンの審査は会員ランクで優遇される

楽天銀行スーパーローンでは楽天会員ランクによってカードローン審査が優遇されます。他のカードローン審査では見ない楽天銀行スーパーローン独自の審査基準です。

楽天会員ランクは以下のように「レギュラーランク」から「ダイヤモンドランク」まで5つのランクがあります。

楽天会員が上位ランクであるほど楽天銀行スーパーローンの審査には有利になります。

楽天会員ランクによってカードローン審査がどのくらい優遇されるのかなど、その度合や基準などは分かりません。

しかし上位の楽天会員は通常会員や非会員よりも楽天銀行スーパーローンの審査に通る確率が上がります。

楽天会員ランク
会員ランクランクアップ・キープの条件
ダイヤモンドランク過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有
プラチナランク過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ゴールドランク過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
シルバーランク過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
レギュラーランクポイント対象の楽天サービス利用、かつポイントを獲得
参考サイト:楽天ポイントクラブ公式サイト

カードローン審査を通りやすくするなら会員ランクの昇格後に申し込む

楽天銀行スーパーローンの審査を少しでも有利にしたいのであれば、楽天の会員ランクを上げることを優先させましょう。

ゴールドランクやプラチナランクに昇格するのはハードルが高いですが、シルバーランクであればそれほど難しくはありません。

シルバーランクへの昇格条件は「過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得」です。

楽天市場での買い物や楽天サービスの利用によって比較的簡単にクリアできます。

また、もう少しで楽天会員ランクが上がる状態であれば、その昇格を待ってから楽天銀行スーパーローンに申し込むことをおすすめのします。

楽天会員ランクの状況やランクアップに必要な条件は「楽天PointClub」で確認ができます。

非会員や会員ランクがレギュラーランクだからといって審査が厳しくなる訳ではない

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行の口座を持たない方や楽天会員ではない非会員の方でも申し込み可能です。

楽天銀行スーパーローンは会員ランクによってカードローン審査が優遇されますので「楽天会員じゃないからカードローン審査が厳しくなるのでは?」と思うのは当然です。

しかし、楽天銀行スーパーローンの審査が他のカードローンと比べて厳しいわけではありません。

あくまでも楽天会員ランクによって通常のカードローン審査が優遇されるだけで、非会員の方やレギュラーランクの方が通常よりも審査が厳しくなることはありません。

楽天会員ランクが「プラチ」や「ダイヤモンド」でも必ず審査に通る訳ではない

楽天会員ランクが「プラチナランク」や「ダイヤモンドランク」だからといって必ず審査が通る訳ではありません。

楽天会員ランクが上位であるほどカードローン審査が優遇されることは事実ですが、全ての楽天会員が優遇される訳ではありません。

楽天会員ランクが「プラチナランク」や「ダイヤモンドランク」でも安定した収入がなかったり返済遅延などがある場合は審査の通過は難しいです。

公式サイトにも必ずしもすべての楽天会員が審査に優遇される訳ではないとの記載があります。

「必ずしもすべての楽天会員さまが審査の優遇を受けられるとは限りません。」

引用元:楽天銀行公式サイト(カードローン)より

楽天カードや楽天口座を持っていてもカードローン審査は優遇されない

楽天銀行スーパーローンは楽天会員ランクによって審査を優遇してもらえるため、楽天のサービスを普段からよく利用している方は審査が優遇されると勘違いしている方もいます。

このことを電話で楽天銀行に問い合わせてみたところ「楽天のサービスを利用していることでカードローン審査が優遇されることはありません」と言われました。

普段から楽天市場で買い物していたり楽天カードや楽天銀行の口座を持っているからといって楽天銀行スーパーローンの審査が優遇されることはありません。

また、会員ランクによる審査優遇についても問い合わせたところ「会員ランクによって優遇されることには間違いございませんが、その内容までは一切こちらからは分かりません」と言われました。

コールセンターでは審査内容に関することは一切分かりませんでしたが、会員ランクによって審査が優遇されることは間違いありません。

楽天銀行スーパーローンの審査は属性情報と信用情報が重要視される

楽天銀行スーパーローンの審査では「安定した収入」を前提にした「属性情報」や「信用情報」などが重要項目として見られます。

安定した収入は楽天銀行スーパーローンの審査通過するための最低条件です。

無職や年金受給者、収入が不安定な方はカードローン審査には通りません。

30代~50代の正社員の男性におすすめです。

しかし、安定した収入があっても属性情報や信用情報によっては審査落ちしてしまうことがあります。

安定した収入があったとしても複数他社から借り入れしていたり過去に返済遅延などを起こしているとカードローン審査に通りません。

楽天銀行スーパーローンの審査に通るためには「安定した収入」の他にも「属性情報」と「信用情報」という2つの個人情報がクリーンでなければなりません。

楽天銀行スーパーローンで借り入れできる属性は以下になります。

楽天銀行スーパーローンを利用できる属性一覧
属性貸付対象
会社員
契約社員
派遣社員
公務員
自営業者・個人事業主
専業主婦(女性)
パート・アルバイト
外国人(永住権または特別永住権)
学生(20歳以上・安定した収入)
年金受給者×
専業主夫(男性)×
無職×
※専業主婦は貸付対象となりますが、専業主夫の方は対象外です。
※楽天銀行スーパーローンへ電話にて確認

まず、大前提として審査に通る人は安定した収入があることが条件となります。

最低条件である「安定した収入」の次に重要な審査基準は「属性情報」と「信用情報」という2つの個人情報が細かく審査されます。

カードローンやキャッシングでは審査内容や審査項目などは一切公開していませんし、審査基準や審査項目は各金融機関によって異なります。

しかし、国内のカードローン会社では属性情報と信用情報をスコア化しているということは公開しています。

獲得した属性情報と信用情報のスコアよって融資の可否や借入限度額が決まります。

楽天銀行スーパーローンの審査でも「属性情報」と「信用情報」という2つの個人情報の獲得スコアが審査通過の大きなポイントになります。

属性情報と信用情報が良好であるほど楽天銀行スーパーローンの審査は通りやすくなります。

属性情報は年齢・年収・職業・雇用形態・家族構成などを見られる

カードローン審査においての属性情報とは申込者の年齢や年収、職業、雇用形態、勤続年数といった個人情報になります。

これらの属性情報は申込者の返済能力に直接影響するのでカードローンの審査では大きな判断材料になります。

楽天銀行スーパーローンでも属性情報は返済能力の判断材料として審査の重要項目になっています。

特に年収、職業、勤続年数、雇用形態といった属性情報は融資の可否だけでなく借入限度額にも影響します。

そのため、安定した収入があったとしても年収が少なかったり、勤続年数が短かったりすると審査に落ちる可能性があります。

また、勤め先に勤務実態を確認するための在籍確認の審査ができない場合は審査落ちします。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認は勤め先への電話連絡を避けられない

楽天銀行スーパーローンの審査では必ず勤め先に在籍確認の電話連絡が来ます。

大手の消費者金融カードローンだと在籍確認について相談することが可能ですが、楽天銀行スーパーローンは在籍確認に関して事前に相談などは受けておらず必ず勤め先に電話連絡が来ます。

Q審査の際、勤務先への在籍確認はありますか?

A審査の一環としてお電話にてご勤務先への在籍確認を行わせていただきます。在籍確認のお電話は、非通知設定・担当者個人名でご連絡いたしますのでご安心ください。

中略

専業主婦の方は、在籍確認はございません。

引用元:楽天銀行スーパーローン公式サイト(審査について)より

以下は当サイトが大手カードローンの在籍確認について調査したものですが、大手消費者金融の多くが申込後に相談することで勤め先への電話連絡なしで在籍確認を進めることが可能です。

カードローン電話での在籍確認なし条件
アイフル原則として勤め先へは電話ナシ
SMBCモビットWeb完結なら電話連絡なし
プロミス申込後の要相談
レイクALSA申込後の要相談
アコム申込後の要相談
楽天銀行スーパーローン×
三井住友銀行カードローン申込後の要相談

在籍確認の電話の際には「楽天銀行」や「楽天銀行スーパーローン」といった会社名やサービス名ではなく担当者の個人名で電話が掛かって来ます。

知らない電話番号からの電話を取り次がないような勤め先だったり、個人事業主で固定電話が無い場合など、電話による在籍確認が取りにくい方は他社と比べて審査に落る可能性が高くなります。

返済能力において審査に通りやすさの違い
通りやすいと考えられる方
通りにくいと考えられる方
  • 会社から給料をもらっている
  • 勤続年数が長い
  • 上場企業や公務員として勤めている
  • 会社の規模が大きい
  • 他社のリボ払い支払い金額が少ない
  • 住宅ローンがない
  • 家族と同居している
  • 仕事をして間もない
  • 勤続年数が短い
  • 勤め先の確認が取れない
  • 年収の割に住宅ローンが多い

さらに家族構成といった属性情報もカードローンの審査では重要視されることが多いです。

理由は親や兄弟など同居者が居れば貸し手側(カードローン)の貸し倒れのリスクが少なくて済むからです。

その他にも住宅ローンなど居住形態や居住年数などもカードローンの審査では重要視されるポイントです。

これらの属性情報はすべて申し込みフォームの記入項目になっています。

信用情報は信用取引の契約内容・借入履歴・返済履歴・利用残高などを見られる

信用情報とはカードローンやキャッシングといった信用取引で発生した利用者の契約内容や取引履歴などを記録したものです。

俗に「クレジットヒストリー(クレヒス)」とも言われています。

過去に利用したすべてのカードローンの借入金額や返済金額、借入残高などが一定期間(5〜10年)信用情報機関に記録されます。

カードローンやクレジットカードを提供している金融機関の多くがCICやJICCといった信用情報機関に加盟しています。

カードローン審査の際は信用情報機関から申込者の信用情報を照会して「返済遅延を起こしていないか?」「他からたくさん借りていないか?」といったことを調査します。

楽天銀行でもCICやJICCなどの信用情報機関に加盟しているため、過去に返済遅延などを起こしている場合は通常よりも審査落ちしてしまう可能性が高いです。

一方、過去に返済遅延などを起こしていなかったり、きちんと返済している方であれば審査に通りやすいと言えます。

信用情報において審査の通りやすさ
通りやすいと考えられる方
通りにくいと考えられる方
  • 返済遅延をこれまでに起こしていない
  • 返済状況が良好
  • 他社の借入残高がない
  • 複数から借り入れしている
  • 過去(5年以内)に返済遅延を起こしている
  • 返済期日を何度もすぎてしまったローンがある
  • 現在他社のローンの支払い期日を過ぎている
  • 6ヶ月以内に他社ローンの申込を3社以上行っている

これまでにクレジットカードやカードローン、キャッシングを利用したことがある方は楽天銀行スーパーローンに申し込みする前に「過去5年以内に返済遅延などしていないか?」など心当たりがないか思い出してみましょう。

過去5年以内に返済遅延や引き落としで残高不足があったかどうかの記憶が曖昧な方は指定信用情報機関に情報の開示請求を行うことをお勧めします。

自分の信用情報は手数料1,000円ほどで指定信用情報機関から取り寄せることが可能です。

返済期日を過ぎて返済した履歴もこのように入金状況として保管される

また、CIC やJICCの信用情報機関ではカードローンやクレジットカードの申込情報が後6ヶ月間登録されます。

6ヵ月以内に複数のカードローンに申し込みを行うと「申し込みブラック」と言われる審査に不利な情報が載ることになります。

6ヶ月の登録期間が過ぎてしまえば記録が消滅するため、その後の申し込みならば審査に影響はしません。

楽天銀行スーパーローンの審査に落ちてしまった場合は、6ヶ月以上の期間を空けてからでなければ申し込みできません。

楽天銀行スーパーローンに限らず他のカードローンでも審査落ちした場合は6ヶ月以上は時間を空けて申し込みをしましょう。

楽天銀行の審査に落ちても保証会社の「楽天カード」「SMBCファイナンスサービス」の審査が通れば楽天銀行スーパーローンの利用は可能

最後に楽天銀行スーパーローンの審査機関について簡単に解説します。

楽天銀行スーパーローンの審査機関は、自社(楽天銀行)だけでなく、保証会社にも委託して審査が行なわれています。

委託先の保証会社には、同じ楽天グループの「楽天カード」と「SMBCファイナンスサービス」の2つがあり、各審査機関によってその審査基準などは違います。

つまり、楽天銀行スーパーローンでは「楽天銀行」「楽天カード」「三井住友フィナンシャルサービス」の合計3つの審査機関で、それぞれ異なる基準によって審査を行っているという訳です。

この場合、すべて審査に通す必要はなく「楽天銀行」「楽天カード」「三井住友フィナンシャルサービス」のいずれかひとつの審査機関に通ることで、楽天銀行スーパーローンは貸付対象としています。

そのため、仮に「楽天銀行」の審査基準に満たしていなくても、「楽天カード」または「三井住友フィナンシャルサービス」のどちらか一方の審査基準に満たすことで、楽天銀行スーパーローンからは借入可能です。

このような審査体系は楽天銀行スーパーローンに限られたことでなく、銀行のカードローンではよくあることで、提供元の審査基準を満たさなくても保証会社の審査に通れば貸付対象としてくれます。

楽天銀行スーパーローンは安定した収入があればパートやアルバイト、外国人でも利用できる

楽天銀行スーパーローンの申込条件には「お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方」と記載があります。

つまり「安定した収入」が必須なので安定した収入がある20〜62歳の方であれば審査通過に大きく期待できます。

また、楽天銀行スーパーローンの申込条件に「パート」や「アルバイト」も含まれているため雇用形態に関わらず安定した収入さえあれば審査通過も期待できます。

楽天銀行スーパーローンの申込条件は以下のようになっています。

楽天銀行スーパーローンの申込条件
(1)満年齢20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)
(2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
(3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
(4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けられる方

引用元:楽天銀行スーパーローン公式サイト(カードローン商品概要)より

一般的にカードローンの審査では安定した収入があれば、返済遅延や滞納していない限り審査落ちになることはほとんどありません。

楽天銀行スーパーローンの審査においても安定した収入があり、かつ他社からの滞納または過去に返済遅延などを起こしていない方であれば概ね審査は通ると考えられます。

ただし、アルバイトやパートの場合は正規雇用者よりも借入金額が低くなりやすいため、申し込みの借入希望金額欄は自分の年収に見合った借入希望額を入力することがカードローン審査に通るポイントです。

初回融資の希望額は必要最低限の金額を希望することが審査通過にとって重要なポイント

また、楽天銀行スーパーローンはパートやアルバイトでも申込可能ですが年齢条件には注意が必要です。

パートやアルバイトの場合は通常の62歳以下よりも2年低く年齢制限されており条件が60歳以下となっています。

パートやアルバイトでは年齢条件が通常とは異なっているため年配の方が申し込みする際は注意してください。

パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下

引用元:楽天銀行スーパーローン公式サイト(カードローン商品概要)より

大手消費者金融のアイフルやプロミス、アコムなどであれば60歳以上のパートやアルバイトの方でも申込が可能です。

62歳以上の方は年齢制限の基準を満たしているカードローンを検討するようにしましょう。

また、申し込みの時点で無職だったり自営業1年目の個人事業主など収入が不安定な場合は審査の通過は期待できません。

楽天銀行スーパーローンの審査を通るためには申し込の時点で最低限何らかの仕事をしていて、かつ安定した収入を得ていることが必要です。

他社カードローンで利用できる年齢
プロミス年齢20歳以上、69歳以下
レイクALSA満20歳以上70歳以下の方
アイフル満20歳以上69歳まで
アコム ※₁未成年の契約不可
三井住友銀行カードローン満20歳以上満69歳以下
オリックス銀行カードローン満20歳以上69歳未満
セゾンかんたん安心カードローン満20歳から80歳まで
ベルーナノーティス20~80歳まで
年齢のデータは各公式サイトより引用
※₁ 18,19歳の方は収入証明書の提出が必須です。

外国人の方も安定した収入があれば申し込みが可能(永住権または特別永住権が必要)

楽天銀行スーパーローンは外国人の方でも永住権または特別永住権といった在留資格を持っていて安定した収入があれば日本人と同様に申込みが可能です。

永住権など在留資格を持つ外国人でも無職だったり収入が不安定な場合は審査に通りません。

また、複数のカードローンからの借り入れや返済遅延を起こしている場合も楽天銀行スーパーローンの審査は通りません。

\申込は24時間365日随時受付中/

公式 今すぐ申し込みはこちら

こんな人は審査に落ちやすい|楽天銀行スーパーローンの審査落ちを具体例で紹介

楽天銀行スーパーローンは安定した収入を得ていない方では審査に通ることが難しいのです。

その他にも以下の項目に1つでも該当する方も審査に落ちやすいです。

  • アルバイトを始めてから1ヶ月も経過していない
  • 電話でも書面でも在籍確認が取れない
  • 他のカードローンにも申し込みをしている
  • 過去6ヶ月以内に楽天銀行スーパーローンの審査に落ちた方
  • 複数のカードローンから借り入れしていて返済も済んでいない
  • 過去にカードローンやキャッシングで返済遅延を起こしている

上記に1つでも該当している方は楽天スーパーローンだけではなく他のカードローンでも審査落ちしやすいため自身の属性情報や信用情報の改善が必要です。

アルバイトやパートを始めてから1ヶ月も経過していない

楽天スーパーローンは、アルバイトやパートの方でも安定した収入があれば借入可能ですが、あまりにも勤め先への在籍期間が短すぎると審査落ちとなってしまうことがあります。

働き始めてから1ヶ月や2ヶ月といったアルバイトやパートの場合は安定した収入を確保したといっても審査に通らないことが十分に考えられます。

勤務期間が短いと毎月安定した給料をもらったという収入実績が少ないからです。

アルバイトやパートという雇用形態は、貸す側からすれば返済能力に対してシビアに見ることが多く、正社員や契約社員よりも勤め先への在籍期間を厳しく見る傾向にあります。

アルバイトやパートとして働き始めてから1ヶ月も経過していない方の場合は最低でも3ヵ月から6ヵ月の勤務実績を作るまで申し込みを控える方が無難です。

電話でも書面でも在籍確認が取れない

カードローンやキャッシングでは「在籍確認」が必ず行なわれます。

在籍確認とは、申告した勤務先にその人が本当に働いているのかについて確認することを言いますが、主に顧客の勤め先に直接電話をして在籍確認を行っています。

大手消費者金融であれば電話での在籍確認をナシにしてくれるところもあります。

その場合には会社が発行している健康保険証の提出を求められたり給与明細書などの収入証明書類の提出が必要です。

ただ、それらの書面や電話でも在籍確認が取れない場合には審査の通過が難しくなります。

楽天銀行スーパーローンでも在籍確認が取れない場合には審査落ちになるでしょう。

カードローンといった個人向け融資の場合は利用者の給与が担保になるため在籍確認が取れない場合は審査がストップして審査落ちしてしまいます。

他のカードローンにも同時に申し込みをしている

他のカードローンにも並行して同時に申し込んでいる方も審査落ちする可能性が通常よりも高くなってしまいます。

カードローンを提供している消費者金融や銀行からしてみると複数同時に申し込みするような顧客に対しては疑いの目を向けます。

「審査に通る自身がないから複数のカードローンに申し込んでいるのだろう」と受け止められかねません。

仮に4社、5社といった複数のカードローンに同時に申し込んでいる方は楽天銀行スーパーローンの審査にも落ちしやすい方だと言えます。

信用情報機関には「申し込みをいつしたのか」といった過去の申込履歴が残ります。

楽天銀行スーパーローンの審査では過去6ヶ月〜1年間で発生した他社の申込情報を照会しています。

そのため「楽天銀行スーパーローンに万が一審査落ちした場合に備えて他にも申し込んでおこう」といった受験の滑り止めのような安易な考えや行動はあまり賢明とは言えません。

楽天銀行が加盟している信用情報機関申込情報の登録期間
KSC当該利用日から1年を超えない期間
JICC当該照会日から「6か月以内」
CIC 登録期間:照会日より「6か月間 」
引用元:楽天銀行公式サイト(信用情報機関への登録・利用)

過去6ヶ月以内に楽天銀行スーパーローンの審査に落ちた人

その他にも過去6ヶ月以内に楽天銀行スーパーローンの審査に落ちた方は申込みが出来ないようになっています。

Q以前に、楽天銀行スーパーローンの審査に落ちました。再度お申込できますか?

A過去6ヶ月以内にお申込をされたお客さまのお申込はご遠慮いただいております。

過去6ヶ月以上前にお申込いただいた方については、再度お申込いただけますが、審査の結果によってはご融資ができない場合もございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

引用元:楽天銀行スーパーローン公式サイト(審査について)より

複数のカードローンから借り入れしていて返済も済んでいない

すでに3社、4社といった複数のカードローンから借り入れをしている方は楽天スーパーローンの審査通過は期待できません。

特に返済がうまく進んでおらず、借入残高がたくさんある方の場合は審査落ちしてしまいます。

まだ返済中だが遅延や延滞がない場合でも信用情報の審査基準に達していないと見なされて審査に落ちる可能性は十分あります。

しかし、複数カードローンから借り入れしていたとしても、すでに返済が済んでいるなどであれば審査通過は期待できます。

過去にカードローンやキャッシングで返済遅延を起こしている

カードローンやキャッシングなどの利用履歴はすべて個人の信用情報として一定期間記録されます。

そのため、過去に返済遅延や返済事故などを起こしている方は楽天銀行スーパーローンの審査に落ちる可能性があります。

しかし、現地点ですでに他のカードローンやキャッシングで返済遅延を起こしている場合は審査に通りません。

ただ、CICやJICCなどの登録期間は発生から5年以内までと期限があるため、返済遅延や返済事故を起こした時期によっては既にそれらの記録が消滅している場合があります。

楽天銀行は以下3つの信用情報機関に加盟していますので、カードローン審査の際には3つの信用情報を照会しています。

信用情報機関返済遅延に関する登録期間はいずれも過去5年以内までとなっています。

楽天銀行が加盟している信用情報機関返済遅延の登録期間
KSC(全銀協)本契約期間中及び本契約終了日(完済していない場合は完済日)から「5年を超えない期間」
JICC契約継続中及び契約終了日から「5年以内」
CIC 登録期間・契約期間中および取引終了後「5年間」

したがって、カードローンやキャッシングの契約終了日から5年以上経過している場合は過去に返済遅延を起こしていても記録が消滅しているため審査に影響することはありません。

しかし、過去5年以内に返済遅延を起こしていると楽天銀行スーパーローンにそれらの情報が把握されてしまうため審査に大きく影響します。

楽天銀行スーパーローンの審査に通るかが不安な方は、申し込みする前に自分の信用情報を開示請求して確認することをお勧めします。

\申込は24時間365日随時受付中/

公式 今すぐ申し込みはこちら

タイトルとURLをコピーしました