高齢者となる60歳から80歳まで借りられるシニアローンについて

人生100年時代と言われている昨今、退職金だけでは老後の資金を十分に確保することは難しい状況です。

病気やケガなどの備えはもちろん、住宅のリフォームや住み替え、老人ホーム等への入居費用など、老後に必要な資金を挙げるとキリがありません。

総務省統計局が2018年に行った退職金に関する実態調査では、大卒が2,255万円、高卒が2,037万円といった結果が出ており、「老後2000万円問題」などを念頭におくと退職金のみで安心した老後が送れるのかどうかは不透明と言えます。

「管理・事務・技術労働者(総合職)」の 60 歳で は、大学卒が 2,255.8 万円、高校卒が 2,037.7 万円となっている。

引用元:総務省統計局(2018年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果)標準者退職金より

そこでこちらでは、60歳から80歳まで借りられる、おすすめのシニアローンについて網羅的に紹介していきます。

今では80歳といった高齢者の方にも借りやすいシニアローンなどが用意されており、うまく活用すれば老後の資金の補充に役立てられます。

高齢者がシニアローンを利用する時に押さえておきたいポイント
  • 高齢者でも借りられるおすすめの借入方法
  • 借入方法ごとのメリット・デメリット
  • 手軽に借りたいのならカードローンがおすすめ
  • 金利を抑えたいのなら銀行・信用組合のシニアローン
  • まとまった資金なら銀行の住宅担保のリバースモーゲージ
  • 自治体のリバースモーゲージなら年金受給者もOK
  • 年金担保貸付なら担保がない年金受給者にも借りやすい

退職後のセカンドライフを少しでも充実した自分らしい生き方にするためにも、無理のない借入先をぜひ見つけてみてください。

高齢者の借入方法をピックアップ|借入金額や金利相場をチェック

高齢者でも借りられるシニアローンは主に以下の方法があります。

借入方法主な借入先借入金額金利相場
カードローン・大手消費者金融・中小消費者金融
・銀行(都市銀行・地方銀行・ネットバンク)
・信用金庫
最大500万円〜800万円年2.0〜18.0%
高齢者向けカードローン・信販会社
・消費者金融
最大300万円〜500万円年4.5~18.0%
シニアライフローン・消費者金融
・銀行
・信用金庫
最大100万円〜200万円年3.0〜7.0%
リバースモーゲージ銀行1,000万円〜2億
年3.0%
リバースモーゲージ
(不動産担保型生活資金)
自治体の社会福祉協議会毎月30万円以内年3.0%
年金担保貸付制度独立行政法人福祉医療機構10万円〜200万円年2.8%
高齢者向け返済特例制度一般財団法人高齢者住宅財団最大1,500万円年1.05%
質屋の貸付サービス・大黒屋
・かんてい局など
鑑定額による年11.52〜18.0%
(月利0.96〜1.5%)
(2021年5月時点)

今では80歳を貸付対象にしている高齢者向けの「カードローン」があり、年金受給者でも借入可能なところもあります。

「シニアライフローン」は、銀行や信用金庫といった金融機関などで提供しているところが多く、使途目的が自由でいわゆるフリーローンのように借入可能です。

1,000万円以上といったまとまった資金を必要としている場合には、住宅を担保にした「リバースモーゲージ」の検討がおすすめです。

また、年金を担保に借り入れする「年金担保貸付制度」や高齢者住宅財団が提供している「高齢者向け返済特例制度」なども高齢者向けローンとして用意されてあります。

その他にも、大黒屋やかんてい局といった「大手質屋の貸付サービス」などもあり、目的や状況に合わせてさまざまな借入先から選択できます。

すぐにお金が必要であればカードローンだと最短25分融資も可能

高齢者にも手軽に借りられる方法としては「カードローン」がおすすめです。

カードローンであれば、年収の3分の1まで借り入れできるようになっており、病気やケガなど急な出費の際にも理由が特に必要なく自由な用途で利用することができます。

契約しても借り入れの利用さえしなければ返済義務は発生しないため、いざというときの備えとしての活用が可能であり、そのあたりがカードローンの魅力です。

例えば、30万円の限度額で契約した場合は、30万円全額借り入れする必要はなく、3万円だけ必要ならATMから銀行にあずけているお金をキャッシュカードを使って引き出すのと同じように融資を受けることができます。

必要書類も本人確認書類のみで申し込めるようになっており、早ければ申し込んだその日のうちに借りられます(50万円以上は収入証明書類が必要です)。

一言にカードローンといっても、提供しているところによって金利などは異なり、特に「消費者金融のカードローン」と「銀行のカードローン」とでは金利が大きく異なっています。

カードローンの金利相場
消費者金融カードローン年4.0〜18.0%
銀行カードローン年1.5〜14.6%

さらに消費者金融は「大手」と「中小」に分けられ、また銀行のカードローンも「都市銀行」「地方銀行」「ネットバンク」などさまざまです。

消費者金融カードローン
大手消費者金融アイフル
プロミス
レイクALSA
SMBCモビット
アコムなど
中小消費者金融セゾンかんたん安心カードローン
ベルーナノーティス
エイワ
アロー
フクホーなど
銀行カードローン
都市銀行みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなど
地方銀行北海道銀行カードローン、きらぼし銀行カードローンなど
ネットバンク楽天銀行スーパーローン、セブン銀行カードローンなど

金利だけでいうと銀行のカードローンの方が上限金利が低いため、利用しやすくなってはいますが、審査はその分厳しく、融資を受けるまでに時間が掛かり、申し込み日翌日から3週間程度かかるため、急いでいる方には向きません。

返済能力などに不安がある高齢者の方の場合には、消費者金融のカードローンの方が審査通過には期待できます。

消費者金融カードローンの年齢条件をチェック|大手消費者金融の年齢上限は69歳まで

カードローンの提供元は主に消費者金融と銀行に分けられ、大手消費者金融の年齢条件を見てみると以下のように60歳以上でも申し込むことが可能です。

大手消費者金融年齢上限金利最大限度額
アイフル69歳年3.0~18.0%800万円
プロミス69歳年4.5~17.8%500万円
アコム69歳年3.0~18.0%800万円
レイクALSA70歳年4.5~18.0%500万円
SMBCモビット69歳年3.0~18.0%800万円
セゾン
かんたん安心カードローン
80歳年6.5%~17.8%500万円
ベルーナノーティス80歳年4.5%~18.0%300万円
データ調査日 2021年6月9日

注意点は契約中であっても年齢条件を超えると、新たな借り入れはできなくなります。(返済は即時返済でなく通常通り)

レイクALSAを利用できる年齢についての質問

中小の消費者金融であれば、以下のように年齢上限が79歳といったところもあり、大手消費者金融と比べると高齢者には借りやすくなっています。

中小消費者金融年齢上限金利限度額
エイワ79歳年17.9507〜19.9436%50万円
アロー65歳年15.0~19.94%200万円
フクホー上限の記載なし年7.3~18.0%100万円
フタバ73歳年14.959~17.950%200万円
ライフティ69歳年8.0〜20.0%500万円
セントラル上限の記載なし年4.8〜15.0%300万円
いつも65歳年4.8〜18.0%500万円
アルク上限の記載なし年10.0〜18.0%50万円

また、中小の消費者金融では公式ホームページに年齢上限を記載していないところがあり、年齢上限にあまりこだわっていないことが伺い知れます。

とは言え、中小の消費者金融は大手消費者金融と比べると金利などが高く無利息期間サービスなども用意されていないため、借入先が他に見つからないなど最終的な利用として捉えておくほうが良いでしょう。

銀行カードローンの年齢条件をチェック|地方銀行なら70歳以上OKなところが多い

銀行は規模や形態によって「都市銀行」「地方銀行」「ネットバンク」に分けられますが、今ではほとんどの銀行がカードローンによる個人向け融資を提供しています。

都市銀行が提供しているカードローンの年齢上限を見てみると、70歳以上を貸付対象にしているところはなく、最大でも三井住友銀行カードローンの69歳までです。

都市銀行のカードローン
都市銀行年齢上限金利限度額
三井住友銀行カードローン69歳年1.5〜14.5%800万円
みずほ銀行カードローン65歳年1.5〜14.0%800万円
三菱UFJ銀行カードローン64歳年1.8〜14.6%500万円
りそな銀行カードローン65歳年3.5〜13.5%800万円
調査実施日 2021年6月9日

一方、地方銀行が提供しているカードローンの年齢上限を見てみると、65歳以上でも貸し付けしてくれるところが多く、なかには70歳以上でも貸し付けしている地方銀行もあります。

地方銀行のカードローン
地方銀行年齢上限金利限度額
北海道銀行カードローン74歳年1.9〜14.95%800万円
秋田銀行カードローン69歳年5.8〜14.8%500万円
七十七銀行カードローン(宮城県)67歳年7.9%(Web契約のみ)300万円
群馬銀行カードローン74歳年2.8~14.5%800万円
きらぼし銀行カードローン(東京都)65歳年2.2~12.5%1,000万円
大垣共立銀行カードローン(岐阜県)64歳年9.8%30万円または50万円
関西みらい銀行カードローン(大阪府)65歳年12.475%〜3.500%800万円
京都銀行カードローン69歳年1.9〜14.5%1,000万円
山口銀行カードローン68歳年4.5~14.5%500万円(Web完結型)
福岡銀行カードローン69歳年3.0~14.5%1,000万円
鹿児島銀行カードローン65歳年4.5~14.5%500万円
沖縄銀行カードローン64歳年7.8~9.8%300万円
調査実施日 2021年6月9日

国内にはおよそ60行ほどの地方銀行(第一地方銀行)がありますが、今ではそのほとんどの地方銀行においてカードローンが申し込めます。(2021年4月時点)

そのため、年金を受け取っている65歳以上の方などがカードローンを検討しているのであれば、最寄りの地方銀行に相談してみるのがおすすめです。

参考サイト:金融機関コード(銀行コード検索・第一地方銀行)

その他、楽天銀行やPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)などのネットバンクでもカードローンを提供しており、セブン銀行カードローンであれば69歳の方にも利用できます。

ネットバンクのカードローン
ネットバンク年齢上限金利限度額
楽天銀行スーパーローン62歳年1.9〜14.5%800万円
PayPay銀行カードローン(旧ジャパンネット銀行)69歳年1.59〜18.0%1,000万円
セブン銀行カードローン69歳年14.0〜15.0%100万円
住信SBIネット銀行カードローン65歳年1.59〜14.79%1,200円
イオン銀行カードローン64歳年3.8~13.8%800万円
調査実施日 2021年6月9日

地方銀行であれば貸付対象71歳以上でも借りられるカードローンが多い

地方銀行のカードローンであれば、70歳以上でも貸付対象としているところがいくつかあり、高齢者には利用しやすい状況です。

そこで、国内すべての地方銀行(第一地方銀行)をリサーチしてみたところ、70歳以上でも利用可能な地方銀行のカードローンは以下11行という結果でした。(2021年4月時点)

70以上OKな地方銀行カードローン
地方銀行カードローン年齢上限全国対応
北海道銀行「ラピッド」74歳
青森銀行「あおぎんカードローン」74歳×
岩手銀行「エスパス」74歳×
群馬銀行「ナイスサポート」74歳×
足利銀行「モシカ」74歳×
常陽銀行「キャッシュピット」74歳×
十六銀行「Q-LOAN」74歳×
丹馬銀行「セカンドライフ応援カードローン」74歳×
鳥取銀行「カードローン」72歳×
北九州銀行「ミニカードローン」72歳×
宮崎銀行「おまかせくん」74歳×
調査実施日2021年6月9日

国内にはおよそ60行ほどの地方銀行があるため、割合としてはそれほど多くはありませんが、上記11の地方銀行であれば、70歳以上でもカードローンによる融資が期待できます。

その他にも、地方銀行では高齢者向けのシニアローンなども取り扱っているところが多く、都市銀行やネットバンクなどにはない地域の特色に合わせた金融商品が強みです。

そもそも地方銀行は都市銀行やネットバンクとは経営理念などが少し異なり、地域企業の発展や住民の安定した生活基盤を支えるなど、地域に寄り添った側面を強く持ち合わせています。

そのため、地方銀行ではカードローンなどを含め、地元の高齢者に利用しやすいような地域に寄り添った金融商品が大きな魅力と言えます。

ただし、地方銀行は全国に対応していないところが多く、基本的には周辺地域に住んでいるか勤めている方にしか利用できません。

カードローンのメリット・デメリット|即時融資と小回りの利用がカードローンの魅力

カードローンのメリットは、申し込んだその日のうちに借りられる「即時融資」がまず挙げられます。

多くの借入方法のなかでも即時融資に対応しているのはカードローンのみです。

この場合の即時融資は消費者金融のカードローンに限られますが、冠婚葬祭などで今日中にお金を必要としているケースでも対応できます。

また、カードローンは必要書類や面倒な手続きなども少なく、コンビニのATMからいつでも借り入れできるので、小回りの利いた利用が大きな魅力です。

カードローンのメリット

  • その日のうちに借りられる
  • いざというときの備えできる
  • 必要書類が少なく手軽
  • 実店舗で申込みやすい
  • コンビニATMから借入返済できる

ただ、カードローンは年収の3分の1までしか借り入れできない「総量規制」による制限があるため、まとまった資金を用意することには向いていません。

カードローンによっては年金受給者も借りられるところがありますが、多くても80万円ほどです。

以下は日本年金機構が調査した、厚生年金受給者(夫婦2人)の平均的な毎月の受取額ですが、年収にするとおよそ「260万円」といった金額になります。

令和2年度(月額)令和元年度(月額)
国民年金(老齢基礎年金(満額))65,141円65,008円
厚生年金*
(夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額)
220,724円220,266円
※平均的な収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43.9万円)で40年間就業した場合に受け取り始める年金(老齢厚生年金と2人分の老齢基礎年金(満額))の給付水準
引用元:引用元:日本年金機構公式サイト(令和2年4月分からの年金額等について)より

そのため、厚生年金の受給者でもその3分の1のおよそ80万円までしかカードローンからは借りられません。

そもそも年金受給者の方の場合、その時点で貸付の対象外になってしまうことがあり、アルバイトやパートの方と比べてしまうと、審査の際にはややシビアに見られがちです。

定年を機に住宅のリフォームや住み替えなどをするケースはよくありますが、そのような際にはカードローンではなく他の借入方法を検討する方が良いでしょう。

カードローンのデメリット

  • まとまった資金は用意できない
  • 70歳以上だと大手消費者金融や都市銀行からは借りられない
  • 年金以外の安定した収入を求められてしまう
  • 年金受給者だと審査落ちすることもある
  • 返済が長引くと利息の総額が増えてしまう

高齢者向けカードローンなら80歳でも借りられる

高齢者がカードローンを利用するのであれば、高齢者向けカードローンがおすすめです。

高齢者向けカードローンであれば、年金受給者などでも審査通過に大きく期待できるので、70歳以上の高齢者にも利用しやすくなっています。

国内の主な高齢者向けカードローンは以下の2つです。

高齢者向けカードローン
  • セゾン「かんたん安心カードローン(SAISON FUNDEX VIP)」
  • ベルーナ「ベルーナノーティス」

その他、カードローンではありませんが消費者金融が提供している高齢者向けフリーローンには日本文化センターグループの「プランネル」があります。

高齢者向けフリーローン
  • 日本文化センター「プランネル」

セゾン「かんたん安心カードローン」なら80歳、年金受給者でも利用可能

「かんたん安心カードローン(SAISON FUNDEX VIP)」は、セゾングループ傘下のセゾンファンデックスが提供している高齢者向けカードローンです。

パートやアルバイトはもちろん、年金受給者といった安定した収入を得ている高齢者であれば80歳まで申し込みが可能です。

セゾン「かんたん安心カードローン(SAISON FUNDEX VIP)」の概要
金利年6.5〜17.8%
借入金額1万円〜500万円
年齢・申込条件20〜80歳までの毎月定期収入のある電話連絡可能な方(日本国内居住者)
審査スピード最短即日
返済方式定額リボルビング方式
返済期間・返済回数最大5年・1〜60回
保証人・担保不要
遅延損害金年9.49%~20.0%
申込方法・Web
・電話
・郵送
必要書類本人確認書類(50万円以上は収入証明書類も必要)

申し込んだその日のうちに借り入れられ、また即時融資にも対応しているため、急な現金の入用にも対応可能です。

振込手数料やATM手数料などが発生せず、借入・返済が無料で利用できるところも大きな魅力と言えます。

さらに、高齢者向けカードローンとしては借入限度額が高く、最大500万円まで借りられます。

「かんたん安心カードローン」の特徴
  • 即時融資に対応している
  • 振込手数料やATM手数料が無料
  • 1万円から借入可能
  • 最大500万円まで借りられる

参考サイト:セゾンファンデックス公式サイト(かんたん安心カードローン|商品概要)

80歳まで利用できる「ベルーナノーティス」なら無利息で14日間借入可能

カタログ通販でお馴染みのベルーナグループでは、カードローンの「ベルーナノーティス」を提供しています。

審査スピードは最短30分で終了し、最短即日での融資が可能です。

ベルーナ「ベルーナノーティス」の概要
金利年4.5~18.0%
借入金額1万円~ 300万円
年齢・申込条件20〜80歳までの安定した収入のある方
審査スピード最短即日
返済方式借入残高スライドリボルビング方式
返済期間・返済回数最大9年9ヶ月・117回
保証人・担保不要
遅延損害金年20.0%
申込方法・Web
・電話
・郵送
・FAX
必要書類本人確認書類(審査内容や借入金額によっては収入証明書類も必要)

はじめての利用であれば、14日間は無利息で借りられるため、短期的な借り入れであれば利息の発生を抑えられます。

電話やFAXからでも申し込みができるため、インターネットが苦手な高齢者にも申し込みしやすくなっています。

その他、月々の返済は2,000円からでも可能です。

「ベルーナノーティス」の特徴
  • 電話やFAXでも申し込める
  • 14日間の無利息期間がある
  • 月々の返済は2,000円から

参考サイト:ベルーナノーティス公式サイト

日本文化センター「プランネルフリーローン100」なら85歳まで最大100万円まで借入可能

「プランネルフリーローン100」は、テレビショッピングで有名な日本文化センターの高齢者向けフリーローンです。

カードローンでありませんが、貸付対象は85歳以上と幅広く、最大100万円まで借りられます。

「プランネルフリーローン100」の概要
金利年15.0〜18.0%
借入金額10万円〜100万円
年齢・申込条件20〜85歳までの安定した収入がある方
審査スピード7〜10日
返済方式元利均等分割返済方式
返済期間・返済回数最大6年・72回
保証人・担保不要
遅延損害金年20.0%
申込方法・Web
・電話
必要書類本人確認書類2点(審査内容や借入金額によっては収入証明書類も必要)

一般的にフリーローンによる借り入れは、カードローンよりも利用目的が限定されやすいため、低い金利で借りられるところが多いけいこうがあります。

ただし、プランネルのフリーローンは、消費者金融のカードローン並に高く、上限金利は「年18.0%」です。

貸付対象は85歳と、高齢者向けローンのなかでも年齢条件はかなり高く、利用しやすいのですが、金利面でややデメリットを感じてしまいます。

とは言え、銀行や信用金庫の高齢者向けローン(シニアローンなど)などでは、85歳までを貸付対象にしているところはほとんどないため、80歳以上の方などにはおすすめのシニアローンと言えます。

「プランネルフリーローン100」の特徴
  • 85歳まで申し込める
  • 老舗の通販会社の日本文化センターグループが運営している
  • フリーローンにしては金利が高い
  • 借入額は10万円から
  • 月々の返済は2,290円から
  • 即時融資には対応していない

参考サイト:プランネルフリーローン100公式サイト(ご利用案内)

高齢者向けカードローンのメリット・デメリット|年金受給者でも即時融資で借りられる

高齢者向けカードローンであれば60歳〜80歳といった高齢者にも利用しやすく、年金受給者にも安心して申し込めます。

審査スピードも早く、上記の高齢者向けカードローンであれば、その日のうちに利用可能です。

高齢者向けカードローンということもあり、電話や郵送、FAXといった申込方法が用意されており、一般的なカードローンよりも高齢者に利用しやすいよう配慮されてあります。

高齢者向けカードローンのメリット

  • 高齢者向けだから70歳以上でも申込みやすい
  • 審査スピードが早い
  • 「電話」「郵送」「FAX」でも申し込める

ただし、金利は大手消費者金融と同じくらい高く、収入に見合った利用が必要です。

また、高齢者向けカードローンというのは上記で紹介している「かんたん安心カードローン」と「ベルーナノーティス」ぐらいしか国内では見当たらず、そもそも高齢者向けカードローンが少ないこともデメリットでしょう。

高齢者向けカードローンのデメリット

  • 金利が高い
  • そもそも高齢者向けのカードローンが少ない

「カードローン」と「フリーローン」の違い|フリーローンは1回だけしか借りられない

「カードローン」と「フリーローン」の違いについて簡単に紹介すると、主に以下のような違いが挙げられます。

カードローンとフリーローンの違い
カードローンフリーローン
・限度枠まで何回でも借りられる
・使途目的は原則自由
・返済計画が立てにくい
・フリーローンよりも金利が高い
・1回だけしか借りられない
・使途目的が自由でも証明書類を求められやすい(注文書や見積書など)
・返済計画が立てやすい・カードローンよりも金利が低い

「カードローン」と「フリーローン」の大きな違いといえば、やはり借り入れできるその回数の上限です。

カードローンであれば借入枠までは何回でも借りられますが、フリーローンの場合には契約時の1回だけしか借りられません。(再契約可能なフリーローンもあります)

どちらも使途目的は自由で、旅行代金や入院費用などさまざまな利用が可能ですが、フリーローンの場合には借入枠などはなく、また契約時にはその使途目的を証明する書類の提出を求められる場合があります。

ちなみにカードローンの貸付形態は「極度貸付(きょくどかしつけ)」と言い、フリーローンは「証書型貸付(しょうしょがたかしつけ)」などと言われています。

金利を抑えたいのなら「地方銀行の高齢者向けシニアローン」がおすすめ

高齢者向けカードローンは即時融資で借りられますが、やはり金利の高さが気になります。

その点「銀行のシニアローン(高齢者向けフリーローン)」であれば金利を大きく抑えられ、借入金額100万円以上でも年10.0%以下で借り入れ可能です。

みずほ銀行や三井住友銀行といった都市銀行では住宅担保型の「リバースモーゲージ」といった高齢者ローンが多くなっていますが、地方銀行であればシニアローンを扱っているところがいくつかあるため、利用すればカードローンよりも金利を抑えられます。

今回は地方銀行のシニアローンのなかでも気になるものを5つ紹介しています。

金利年11.5%から借りられる東北銀行「とうぎんシニアローン」

東北銀行の「とうぎんシニアローン」は、Webからの申し込みが可能で、営業エリア内に住んでいる人であれば金利年11.5%から借りられます。

返済期間は最大5年とやや短いのが気になるところですが、東北銀行から年金を受け取っているのであれば、通常の金利から年0.5%差し引いてくれます。

「とうぎんシニアローン」の概要
金利年5.0〜11.5%(固定金利)
借入金額10万円〜200万円
年齢条件60歳以上(完済時81歳未満)
申込条件・安定した収入がある方
・営業エリア内に居住または勤務している
返済方式・元利均等毎月返済方式
・元利均等隔月返済方式(年金受給者に限ります)
返済期間最大5年
保証人・担保不要
遅延損害金要問合せ
申込方法・Web
・郵送
・FAX
必要書類本人確認書類(審査内容や借入金額によっては収入証明書類も必要)

返済方式は毎月の「元利均等毎月返済方式」の他にも、年金受給者であれば、ひと月おきの「元利均等隔月(かくげつ)返済方式」も選べます。

銀行のシニアローンは変動金利と固定金利のどちらかを選べるところもありますが、東北銀行のシニアローンでは固定金利となっています。

また「とうぎんシニアローン」なら81歳までに完済できる見込みがあれば、80歳の方でも借入可能です。

「とうぎんシニアローン」の特徴
  • Webから申し込める
  • 80歳でも借入可能
  • 東北銀行からの年金受給で金利年0.5%の引き下げ
  • 年金受給者なら隔月(ひと月おき)の返済ができる
  • 金利は固定金利のみ

参考サイト:東北銀行公式サイト(とうぎんシニアローン)

金利年5.4%で最大200万円まで借りられる七十七(しちじゅうしち)銀行「77シルバーローン」

七十七銀行は仙台市に本店があり、「77(しちじゅうしち)シルバーローン」であれば金利年5.4%で最大200万円まで借りられます(2021年4月時点)。

Webからの申し込みはできませんが、郵送やFAXからなら申し込みが可能です。

「77シルバーローン」の概要
金利年5.475%(変動金利)
年7.0%(固定金利)
※2021年4月1日時点
借入金額10〜200万円(契約時70歳以上の方は100万円以内)
年齢条件60〜74歳(完済時80歳未満)
申込条件・七十七銀行から公的年金を受け取っている
・年金担保融資を利用していない
返済方式・元利均等月賦返済方式・元利均等隔月返済方式
返済期間最大10年(契約時70歳以上の方は最大7年)
保証人・担保不要
遅延損害金要問合せ
申込方法・店頭
・郵送
・FAX
必要書類・健康保険被保険者証
・本人確認書類
・年金確定通知書
・年金証書
・使途目的を確認できる書類(見積書等)

返済期間は最大10年と長く(70歳以上は最大7年)余裕を持った借り入れが可能で、住まいのリフォームや長期旅行の費用など自由に使えます。

「団体信用生命保険」といった住宅ローン保証とセットにして申し込めるため、住み替えなどを検討している方にも相性が良いのが大きな特徴です。

ただし、70歳以上の方は100万円までしか借り入れができず、使途目的を確認できる見積書などの提出も求められます。

ちなみに「団体信用生命保険」とは、住宅ローン返済中に病気やケガなどで返済不能になった場合、残りの住宅ローンを保証してくれる生命保険のことです。

「77シルバーローン」の特徴
  • 「団体信用生命保険」とセットで申し込める
  • 返済期間は最大10年と長い
  • 70歳以上の方の借入額は最大100万円まで
  • 使途目的を確認できる書類が必要

固定金利年4.5%〜6.5%で利用できる荘内(しょうない)銀行「年金プラン」

荘内銀行は山形県鶴岡市に本店があり、営業エリア内に居住しているか職場がある75歳までの方であれば、シニアローンの「年金プラン」に申し込めます。

国民年金や厚生年金など、公的年金を荘内銀行から受け取っている必要がありますが、申込時の際にそれらの受け取り手続きを合わせて行うことも可能です。

荘内(しょうない)銀行「年金プラン」の概要
金利年4.5〜6.5%(固定金利)
借入金額10万円〜200万円
年齢条件60〜75歳(完済時80歳未満)
申込条件・荘内銀行から公的年金を受け取っている・年金担保融資を利用していない・営業エリア内に居住または勤務している・団体信用生命保険の加入が認められる方(70歳以下のみ)
返済方式元利金等返済額指定返済方式
返済期間最大7年
保証人・担保不要
遅延損害金年14.6%
申込方法店頭
必要書類要問合せ

金利は固定金利で「年4.5〜6.5%」と低く、他の地方銀行のシニアローンと比べても魅力的です。

返済期間も7年間と長めに設定されてあり、使途目的に制限はなく自由に使えます。

70歳以下の方は団体信用生命保険への加入が認められる必要がありますが、保険料は荘内銀行が負担してくれます。

そのため、住宅のリフォームや住み替えを検討中の方にも、荘内銀行の「年金プラン」は利用しやすくておすすめです。

「年金プラン」の特徴
  • 固定金利でも年6.5%の金利で借りられる
  • 70歳以下は団体信用生命保険の加入が必要(保険料は荘内銀行が負担)
  • 返済期間は最大7年とやや長め

参考サイト:
荘内銀行公式サイト(年金プラン)
荘内銀行公式サイト(引受条件緩和型・団体信用生命保険付き住宅ローン)

特別金利キャンペーンで利用できる百五(ひゃくご)銀行「シルバープラン」

百五銀行の「シルバープラン」は、三重県、愛知県全域、岐阜県、和歌山県の一部に住んでいる方を対象にしている高齢者向けシニアローンです。

アルバイトや年金など安定した収入がある75歳以下の方であれば、概ね審査通過に期待できます。

申し込むには百五銀行の普通預金口座を保有している必要がありますが、借入時に合わせて作ることも可能です。

百五銀行「シルバープラン」の概要
金利年4.9〜5.9%(変動金利)
※2021年4月時点
借入金額10万円〜200万円
年齢条件20〜75歳(完済時80歳未満)
申込条件・安定した収入がある
・百五銀行の普通預金口座を保有している
・営業エリア内に居住している
返済方式毎月元利均等返済方式
返済期間最大5年
保証人・担保不要
遅延損害金要問合せ
申込方法・Web
・店頭
必要書類・本人確認書類
・収入証明書類

「Web完結」で借り入れできるため、パソコンやスマホによってインターネットですべての手続きを来店不要で行えます。

もちろん店頭窓口でも申し込めるため、パソコンやスマホの操作が苦手な高齢者でも問題ありません。

2021年11月30日までに申し込むことによって特別金利キャンペーンが適用されるため、通常よりも低い金利で借りられます。

また、百五銀行の「シルバープラン」は三重県や愛知県にある地方銀行のなかでも人気の商品と謳っているため、多くの高齢者向けローンのなかでもおすすめできます。

特に他のカードローンやキャッシングからの借り換えができることが「シルバープラン」の大きな魅力です。

「シルバープラン」の特徴
  • Web完結で借りられる
  • 特別金利キャンペーンで金利がお得(2021年11月30日)
  • 三重県愛知県の地銀のなかでも人気のプラン
  • 他のカードローンやキャンペーンなどの借り換えにも利用可能
  • 返済期間は最大5年とやや短い

参考サイト:
百五銀行公式サイト(シルバープラン)
百五多目的ローン公式PDF(シルバープラン)

返済期間が最長10年とゆとりある返済が可能な福島銀行「シニアサポート」

福島銀行の「シニアサポート」は最大100万円までと借入可能額は少ない反面、金利はいくら借りても「年4.8%」となっています。

変動金利ではなく固定年金で「年4.8%」なので、長期の借り入れでも金利が高くなってしまうことがありません。

福島銀行「シニアサポート」の概要
金利年4.8%(固定金利)
借入金額10万円〜100万円
年齢条件60〜75歳(完済時80歳未満)
申込条件・福島銀行から公的年金を受け取っている
・年金担保融資を利用していない
返済方式元利均等隔月返済方式
返済期間最大10年
保証人・担保不要
遅延損害金要問合せ
申込方法・店頭
・電話
・FAX
・郵送
必要書類本人確認書類(審査内容や借入金額によっては収入証明書類も必要)

審査スピードは「原則翌日回答」と公式サイトに明記されているため、スピーディーな借り入れも期待できます。

返済期間は最大10年と長く、余裕を持った利用が可能です。

申込方法には店頭、電話、FAX、郵送など豊富にありますが、Web申込みには対応していません。

「シニアサポート」の特徴
  • 申込方法が豊富にある
  • 返済期間は最大10年と長い
  • 借入可能額は100万円まで
  • Web申込みには対応していない(2021年4月時点)

参考サイト:福島銀行公式サイト(シニアサポート)

銀行のシニアローンのメリット・デメリット|金利の低さがと安心感が魅力

銀行のシニアローンのメリットは、やはり金利が低いことです。

大手消費者金融や銀行のカードローンと比べると金利をぐっと抑えられ、年金収入のみの高齢者にも無理のない借り入れが行えます。

また、銀行という身近な存在からか安心感があることもメリットと言え、特にはじめて借り入れを行う高齢者には申込みやすいのではないでしょうか。

その他にも「団体信用生命保険」といった住宅ローン保証とセットにして申し込めるところもあり、リフォームや住み替えの資金として利用しやすくなっています。

銀行のシニアローンのメリット

  • カードローンよりも金利が低い
  • 銀行という安心感がある
  • 年金収入だけでも申し込める
  • 「団体信用生命保険」とセットのところがある

一方、デメリットには「即時融資ができない」といったことが挙げられます。

一般的に銀行の多目的ローンやフリーローンなどは即時融資ができず、審査にはおよそ2週間ほどかかってしまいます。

そのため、フリーローンの派生商品とも言えるシニアローンに関しても、融資までにはおよそ2週間前後みておく必要があります。

借入金額も「10万円〜」と少額利用はできず、カードローンのような小回りのきく利用はできません。

また、地方銀行は地域に寄り添った特性があるためか、営業エリア内に居住しているか勤めている方でしか利用できないところが多く、シニアローンにおいても営業エリア内の高齢者しか利用できません。

銀行のシニアローンのデメリット

  • 即日融資ができない
  • 借入額は「10万円〜」が多い
  • シニアローンを扱っている地方銀行が少ない
  • 銀行の営業エリア内でなければ借りられない
  • 必要書類がカードローンより多い(使途目的を確認できる書類等)

信用金庫(信用組合)のシニアライフローンなら店舗数も多く金利も低い

信用金庫は地方銀行に比べてもその数はとても多く、国内におよそ250金庫もあります。(2019年度末時点)

信用金庫にも高齢者向けの「シニアライフローン」といった金融商品を提供しているところがあり、銀行と同じく低い金利で借りられます。

また、どちらかというと銀行よりも信用金庫の方がシニアローンといった金融商品に関しては積極的な姿勢が見て取れ、割合的にも信用金庫の方が多いように思えます。

信用金庫の店舗数は本店・支店など合わせて約7000店舗以上もあるため、高齢者には最寄りの信用金庫のシニアライフローンなども利用しやすくておすすめです。(2019年度末時点)

すべての信用金庫のシニアライフローンを紹介することはできませんが、今回は地域ごとに気になる信用金庫のシニアライフローンをいくつか紹介します。

参考サイト:全国信用金庫協会公式サイト(2019度信用金庫概況)

北海道(札幌市)|北海道信用金庫「シニアライフローン」

北海道信用金庫の「シニアライフローン」は、1万円から借り入れられるようになっており、リフォームや旅費など事業資金目的でなければ自由に使えます。

申込年齢は60歳以上の方になり、北海道信用金庫から公的年金を受け取っている必要があります。

北海道信用金庫「シニアライフローン」の概要
金利年3.4%(固定金利)
年4.0%(変動金利)
※2021年4月時点
借入金額1万円〜100万円
年齢条件60歳以上(完済時80歳以下)
申込条件・北海道信用金庫から公的年金を受け取っている
・年金担保融資を利用していない
返済方式・毎月の元金(元利)均等返済方式
・隔月の元金(元利)均等返済方式
返済期間・最大10年(変動金利型)
・最大5年(固定金利型)
保証人・担保不要
申込方法店頭
必要書類・本人確認書類
・年金証明書
・使途目的を確認できる書類(パンフレットも可)

金利は固定金利と変動金利のどちらか選べるようになっており、2021年4月時点では固定金利の方が低くなっています。

ただ、固定金利の場合には返済期間は5年とやや短くなっているため、収入に見合った借り入れが必要です。

必要書類は、本人確認書類や年金証明書の他にも、使途目的が分かるパンフレットや見積書などが求められます。

北海道信用金庫「シニアライフローン」の特徴
  • 1万円から借りられる
  • 返済期間が変動金利と固定年金で異なる
  • 使途目的の書類が必要

参考サイト:
北海道信用金庫公式サイト(シニアライフローン)
北海道信用金庫公式PDF(シニアライフローン)

東北(宮城県仙台市)|杜の都信用金庫「杜の都シニアライフローン」

仙台市に本店がある杜の都信用金庫には「杜の都シニアライフローン」があり、年5.0%の固定金利で借りられます。

固定金利ですが返済期間は最大10年とゆとりがあり、最大100万円まで借入可能です。

杜の都信用金庫「杜の都シニアライフローン」の概要
金利年5.0%(固定金利)
借入金額1万円〜100万円
年齢条件60歳以上(完済時80歳以下)
申込条件・杜の都信用金庫から公的年金を受け取っている
・年金担保融資を利用していない
・営業エリア内に居住または勤務している
返済方式・毎月の元金(元利)均等返済方式
・隔月の元金(元利)均等返済方式
返済期間・返済回数最大10年
保証人・担保不要
申込方法店頭
必要書類・本人確認書類
・年金確定通知書等
・年金証書
・資金使途確認資料(見積書等)

杜の都信用金庫にはWebから申し込める商品がいくつかありますが、シニアライフローンに関しては店頭申込にしか対応していようです。

使途目的は自由で、支払い済みの代金などでも1ヶ月以内であれば貸付対象になります。

杜の都信用金庫「杜の都シニアライフローン」の特徴

固定金利でも返済期間は最大10年
Webからは申し込めない
支払い済みの代金も対象になる(1ヶ月以内に限る)

参考サイト:
杜の都信用金庫公式サイト(インターネットで仮審査)
杜の都信用金庫公式PDF(杜の都シニアライフローン)

北信越(新潟県新潟市)|巻信用組合「アクティブシニア」

新潟市を中心に営業エリアがある巻信用金庫には「アクティブシニア」というシニアライフローンがあり、75歳までの方が貸付対象です。

借入額は10万円からと小口の利用はできませんが、申し込みはWebから行えます。

巻信用組合「アクティブシニア」
金利年6.55%(変動金利)
※2021年4月時点
借入金額10万円〜100万円
年齢条件60〜75歳(完済時80歳以下)
申込条件・巻信用組合から公的年金を受け取っている、または新規で受け取る
・営業エリア内に居住または勤務している、または組合員の資格を持つ
・過去に不渡りを起こしていない・巻信用組合で延滞していない
返済方式隔月元利均等返済方式
返済期間最大10年
保証人・担保不要
申込方法・店頭
・Web
必要書類・本人確認書類
・年金振込通知書

金利は変動金利の年6.55%になり、他の信用金庫のシニアライフローンと比べるとやや高めの設定です。(2021年4月時点)

年金を受け取っている方であれば申し込めますが、過去に巻信用金庫から延滞をしている方や不渡りなどを起こしている方などは申し込めません。

巻信用組合「アクティブシニア」の特徴
  • Webから申し込める
  • 金利はやや高め
  • 巻信用金庫からの延滞者は利用できない
  • 借入額は10万円から

参考サイト:巻信用組合公式サイト(アクティブシニア)

関東(東京都)|東京信用金庫「シニアライフローン」

東京信用金庫は営業エリアがとても広く、東京23区をはじめ西東京市、東久留米市、清瀬市などの12市の他にも埼玉県の主要都市なども含まれています。

「シニアライフローン」の金利は年2.5%(固定金利)と他の信用金庫と比べても低く、初めて融資を検討する高齢者の方にも安心して申し込めます。

東京信用金庫「シニアライフローン」の概要
金利年2.5%(固定金利)
借入金額1万円〜100万円
年齢条件60歳以上(完済時80歳以下)
申込条件・東京信用金庫から公的年金を受け取っている
・年金担保融資を利用していない
・営業エリア内に居住または勤務している
返済方式・隔月(毎月)元利均等返済方式
・隔月(毎月)元金均等割賦返済方式
返済期間・返済回数最大10年
保証人・担保不要
申込方法・店頭
・FAX
必要書類・本人確認書類
・年金確定通知書等
・年金証書
・資金使途確認資料(見積書等)

申込方法は店頭窓口の他にもFAXにも対応しているため、最寄りに支店がない方にも利用しやすくなっています。

その他、東京信用金庫のシニアライフローンは、他の銀行や信用金庫からの借り換えができますが、消費者金融からの借り換えには対応していません。

東京信用金庫「シニアライフローン」の特徴
  • 金利は年2.5%と低い
  • 営業エリアが広い
  • ローンの借り換えができる(消費者金融を除く)
  • FAXから申し込める

参考サイト:
東京信用金庫公式サイト(シニアライフローン)
東京信用金庫公式サイト(営業地区)

関西(京都府)|京都中央信用金庫「シニアライフローン」

京都市下京区に本店がある京都中央信用金庫の「シニアライフローン」は、金利年3.4%の変動金利で借りられます。(2021年4月時点)

借り入れには京都中央信用金庫から公的年金を受け取っている他、会員資格を持っている60歳以上の方に限られます。

京都中央信用金庫「シニアライフローン」の概要
金利年3.4%(変動金利)
※2021年4月時点
借入金額1万円〜100万円
年齢条件60歳以上(完済時80歳以下)
申込条件・京都中央信用金庫から公的年金を受け取っている、または新規で受け取る
・京都中央信用金庫の会員資格がある
返済方式元利(元金)均等返済方式
返済期間最大10年
保証人・担保不要
申込方法店頭
必要書類・本人確認書類・年金確定通知書等・年金証書・資金使途確認資料(見積書等)

営業エリアは京都府の他にも滋賀県、大阪府、奈良県の一部地域まで拡充しており、店舗数は出張所を合わせると131ヵ所にも上ります。

そのため、利便性や店舗ネットワークの高さが京都中央信用金庫の強みです。

即時融資やひと月おきの隔月返済などはできませんが、消費者金融のシニアローンよりも金利を抑えて借り入れできます。

京都中央信用金庫「シニアライフローン」の特徴
  • 店舗数が131ヶ所と多い
  • 隔月(ひと月おき)の返済はできない
  • WebやFAXからは申し込めない

参考サイト:
京都中央信用金庫公式サイト(シニアライフローン)
京都中央信用金庫公式サイト(営業地区)

九州(福岡市)|福岡ひびき信用金庫「ひびしんシニアライフローン」

福岡ひびき信用金庫の「ひびしんシニアライフローン」は、金利年2.95%と低く、福岡県をはじめ山口県や大分県などの一部地域にも対応しています。

Webからは申し込めませんが、FAXには対応しているため、自宅からでも申し込みが可能です。

福岡ひびき信用金庫「ひびしんシニアライフローン」の概要
金利年2.95%
借入金額1万円〜100万円
年齢条件60歳以上(完済時80歳以下)
申込条件・福岡ひびき信用金庫から公的年金を受け取っている
・年金担保融資を利用していない
・営業エリア内に居住または勤務している
返済方式・毎月(隔月)元利均等返済方式
・毎月(隔月)元利均等返済方式
返済期間最大10年
保証人・担保不要
申込方法・店頭
・FAX
必要書類・本人確認書類
・年金確定通知書等
・資金使途確認資料(見積書等)
・通帳(福岡ひびき信用金庫)

必要書類には本人確認書類や年金確定通知書などの他にも、福岡ひびき信用金庫の通帳が求められます。

福岡ひびき信用金庫の通帳を持っていない方であれば、申込時に新規作成することが求められます。

福岡ひびき信用金庫「ひびしんシニアライフローン」の特徴
  • 金利は年2.95%と低い
  • FAXから申し込める
  • ひびき信用金庫の通帳が必要(新規作成可)

参考サイト:福岡ひびき信用金庫公式サイト(ひびしんシニアライフローン)

沖縄県|コザ信用金庫「コザしんシニアライフローン」

沖縄県でも唯一の信用金庫のコザ信用金庫にもシニアライフローンがあり、借入期間は最大10年間と長く100万円まで借入可能です。

借入条件としては、60歳以上でコザ信用金庫から公的年金を受け取っている地元の高齢者の方に限られます。

コザ信用金庫「コザしんシニアライフローン」の概要
金利要問合せ
借入金額最大100万円
年齢条件60歳以上
申込条件・コザ信用金庫から公的年金を受け取っている
・営業エリア内に居住している
返済方式要問合せ
返済期間最大10年
保証人・担保不要
申込方法来店
必要書類要問合せ

金利や必要書類などは公式サイトには掲載されていませんが、信用金庫のシニアライフローンであれば低い金利が期待できます。

店舗数は21店舗とそれほど多くはありませんが、沖縄市や那覇市などの都市部であれば支店が複数あり、アクセスにも不便を感じることがありません。

コザ信用金庫「コザしんシニアライフローン」の特徴
  • 借入期間は最大10年
  • 申込方法は来店のみ
  • 店舗数は21店舗と少なめ

参考サイト:コザ信用金庫公式サイト(借りる商品一覧)

信用金庫の「シニアライフローン」のメリット・デメリット|小口利用や利便性の高さが魅力

信用金庫のシニアライフローンの魅力は金利の低さだけでなく、1万円からの小口利用や店舗数が多いことの利便性の高さです。

銀行のシニアローンの場合には「借入金額10万円〜」といったところが多いのですが、信用金庫のシニアライフローンの場合には「借入金額1万円〜」といったところ多く、より小口の利用には適しています。

そのため、ちょっとした旅行や買い物、自宅の改修といった場合には、信用金庫のシニアライフローンが利用しやすくおすすめです。

また、信用金庫の方が高齢者向け商品を提供している割合が銀行よりも多く見受けられるため、地域によって制限されにくく幅広い利用ができます。

信用金庫のシニアローンのメリット

  • カードローンよりも金利が低い
  • 「1万円」から借りられるところがある
  • 地方銀行よりも店舗数が多い
  • 提供している割合が地方銀行より多い

とは言え、信用金庫も銀行と同様に即時融資には対応しておらず、また営業エリア内に住んでいる方などでなければ利用できません。

信用金庫は店舗数が多く利便性が高いものの、住んでいるその地域の信用金庫のみ利用できないため、全国対応している大手消費者金融などと比べると、選べる選択肢には制限があります。

また、借入可能額も最大100万円といったところが多いため、老後のまとまった資金の用意はできません。

その他、信用金庫のシニアライフローンを利用するには、その信用金庫から年金を受け取っていることが条件として据えられているため、受取口座の変更手続きの手間なども発生しやすくなっています。

信用金庫のシニアローンのデメリット

  • 即日融資ができない
  • 営業エリアでなければ利用できない
  • 借入金額は最大100万円ほど
  • 利用する信用金庫から公的年金を受け取っている必要がある

まとまった老後の資金調達なら「リバースモーゲージ」の検討も視野に

高齢者の借入方法のひとつには「リバースモーゲージ」というものもあり、1,000万円以上などまとまった老後の資金を必要としている方にはおすすめの方法です。

主に銀行や自治体(社会福祉協議会)などが窓口となっていて、自宅や土地など不動産を保有している方であればそれらを担保にすることで借り入れ(一括または分割)できます。

自宅や土地を担保にするものの、そのまま住み続けることは可能で、毎月の返済は利息のみです。

そのため、元金の支払いは利用者本人が亡くなった後に行なわれ、担保にした自宅を相続人が売却することで完済できます。

借入金額は自宅の評価額によって異なり、また対象地域でなければ利用できないのがリバースモーゲージの特徴です。

リバースモーゲージの特徴
  • 自宅を担保にした借り入れ方法
  • 自宅を担保にしてもそのまま住み続けられる
  • 主に銀行や地方自治体が窓口
  • 都市部など対象地域が決まっている(銀行のリバースモーゲージ)
  • 利用するには自宅や土地などの不動産が必要

リバースモーゲージを大きく分けると「銀行」と「自治体(社会福祉協議会)」の2つがありますが、まとまった資金調達であれば一括借入できる「銀行のリバースモーゲージ」を選ぶ必要があります。

自治体のリバースモーゲージは「不動産担保型生活資金」と正式には呼ばれおり、一括借入できませんが、生活支援の要素が強いため低所得世帯の高齢者には適しています。

また、不動産担保型生活資金は国が運営しているため、住んでいる地域によって制限されることもありません。

今回は、都市銀行と自治体のリバースモーゲージをそれぞれ簡単に紹介します。

参考サイト:リバースモーゲージ研究所公式サイト

住宅の住み替えなどの資金にも利用できるみずほ銀行「みずほプライムエイジ」

みずほ銀行のリバースモーゲージは「みずほプライムエイジ」といい、55歳から利用可能で、借入金額は最大2億円と住宅の住み替えなどの資金にも充てられます。

みずほ銀行「みずほプライムエイジ」の概要
金利年3.475%(フリー口)
年2.975%(目的口)
※2021年4月時点
借入金額1,000万円〜2億円(フリー口は4,000万円まで)
使途目的自由
年齢条件55歳以上
申込条件・対象エリアに自宅がある
・夫婦2人暮らし、または1人暮らし
・安定した収入がある(年金など)
・推定相続人の全員の承諾が得られる
返済期限死亡時または担保物件を売却時
対象エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

「フリー口」と「目的口」という2つの商品口が用意されており、「フリー口」であれば原則自由に運用可能です。

「フリー口」の場合には、借入金額が4,000万円までとやや制限があります。

対して「目的口」は2億円まで借りられるようになっており、あらかじめ使途目的を示すことで老人ホームの入居費用や自宅の購入資金など自由に充てられます。

ただし、申込みの際にはどちらの商品口も子供や孫といった推定相続人全員の承諾が必要で、対象エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県になり、全国には対応していません。

「みずほプライムエイジ」の特徴
  • 借入金額が最大2億円と高額
  • フリー口と目的口の2つがある
  • 55歳から借りられる
  • 推定相続人全員の同意が必要
  • 対象エリアは1都3県

参考サイト:
みずほ銀行公式サイト(みずほプライムエイジ)
みずほ銀行公式PDF(みずほプライムエイジ)

戸建てを保有している方なら利用できる三井住友銀行「SMBCリバースモーゲージ」

三井住友銀行の「SMBCリバースモーゲージ」も、みずほ銀行と同様に最大2億円まで借りられます。

使途目的は自由ですが商品口やプランなどは特にありません。

三井住友銀行「SMBCリバースモーゲージ」の概要
金利変動金利型(短期プライムレートに連動する長期貸出金利によって変動)
借入金額1,000万円〜2億円
使途目的自由
年齢条件60歳以上
申込条件・対象エリアに自宅がある
・夫婦2人暮らし、または1人暮らし
・安定した収入がある(年金など)
・推定相続人全員から同意を得られる
返済期限死亡時または担保物件を売却時
対象エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県

申込条件は60歳以上の方で年金など安定した収入が必要です。

対象エリアは関東だけでなく愛知県や大阪府、京都府、兵庫県など関西エリアも含まれており、戸建てを保有している方であれば利用できます。

ただマンションに住んでいる方は対象外となってしまうため、みずほ銀行や三菱UFJ銀行など他のリバースモーゲージへの検討が必要です。

Q:マンションでも利用できますか。
A:申し訳ありませんが、SMBCリバースモーゲージはマンションにお住まいの方はご利用いただけません。

引用元:三井住友銀行公式サイト(SMBCリバースモーゲージ|よくあるご質問)より
「SMBCリバースモーゲージ」の特徴
  • 借入金額が最大2億円と高額
  • 使途目的は自由
  • 対象エリアが広い
  • 推定相続人全員の同意が必要
  • マンションは対象外

参考サイト:
三井住友銀行公式サイト(SMBCリバースモーゲージ)
三井住友銀行公式PDF(SMBCリバースモーゲージ)

相続発生時まで利息の支払いが不要な三菱UFJ銀行「ゆとりの約束」

三菱UFJ銀行の「ゆとりの約束」はその名の通り、ゆとりを持った商品内容が特徴的です。

借入中の利息は亡くなった後(相続発生時)にまとめて精算できるため、利用中は毎月の返済を気にする必要がありません。

みずほ銀行や三井住友銀行など銀行のリバースモーゲージのなかでも、借入後の負担が少ないことが「ゆとりの約束」の大きな魅力です。

三菱UFJ銀行「ゆとりの約束」の概要
金利変動金利
借入金額1,000万円〜1億円
使途目的自由
年齢条件70歳以上(配偶者も含む)
申込条件・対象エリアに自宅がある
・夫婦2人暮らし、または1人暮らし
・安定した収入がある(年金など)
・配偶者以外の推定相続人1名の同意を得られる
返済期限死亡時または担保物件を売却時
対象エリア東京都、神奈川県、 埼玉県、千葉県(いずれも一部地域)

申込み条件は70歳以上の高齢者の方になるため、60代の方は利用できませんが、相続人の同意は全員から得る必要はなく、長男だけなど1人だけでも認められます。

借り入れの際には「定額お借り入れプラン」か「初回お借り入れ厚めプラン」のどちらかのプランを選べるようになっており、最初からまとまった資金が必要であれば「初回お借り入れ厚めプラン」がおすすめです。

ただ「定額お借り入れプラン」であれば、毎年ごとに借入限度の10%ずつを定額で受け取れます。

対象エリアは東京都、神奈川県、 埼玉県、千葉県の1都3県になり、全国には対応していません。

「ゆとりの約束」の特徴
  • 利用中の利息の支払いがない
  • 利息の支払いは後から精算できる
  • 2つの借入プランがある
  • 推定相続人の同意は1名でいい
  • 対象エリアは1都3県の一部

参考サイト:
三菱UFJ銀行公式サイト(ゆとりの約束)
三菱UFJ銀行公式PDF(ゆとりの約束)

銀行のリバースモーゲージのメリット・デメリット|まとまった資金調達にはリスクがある

銀行のリバースモーゲージのメリットは、やはりまとまった老後の資金を用意できることです。

カードローンやシニアローンでは1,000万円以上の借り入れは難しいのですが、住宅を担保にするリバースモーゲージであれば1000万円以上の借り入れができます。

そのため、老後の暮らしを新しい環境にして迎えたい方にはリバースモーゲージの検討がおすすめで、住まいのリフォームや住み替えの資金として利用可能です。

銀行のリバースモーゲージのメリット

  • まとまった老後の資金調達がしやすい
  • 毎月の返済は利息のみ
  • 住まいのリフォームや住み替えの資金にできる

一方、リバースモーゲージの大きなデメリットには「長生きリスク」というものがあります。

「長生きリスク」とは、主にリバースモーゲージの資金だけを頼りに生活している高齢者に起こりやすく、長生きすることで融資がストップしてしまい、その後の生活がままならなくなってしまうリスクのことです。

きちんとした管理運用を行えば問題ありませんが、あまりにもリバースモーゲージの資金だけを頼って生活してしまうと、契約満了後には一括返済などが求められてしまい、最悪の場合には住んでいる家までも取られかねません。

また、担保にした住宅の不動産価値が下がってしまう「担保割れのリスク」や、相続人の承諾を得なければならないこともリバースモーゲージのデメリットとして挙げられます。

銀行のリバースモーゲージのデメリット

  • 「長生きリスク」を避けられない
  • 不動産価値が下がると「担保割れのリスク」がある
  • 契約期間終了後は「自宅を手放すリスク」がある
  • 相続人の承諾を得る必要がある

社会福祉協議会の「不動産担保型生活資金」を利用する

自治体のリバースモーゲージとも言える「不動産担保型生活資金」は、主に各都道府県や市町村の社会福祉協議会が窓口としてあり申し込めます。

銀行のリバースモーゲージとは異なり、高齢者の生活支援を目的に用意されている国の福祉サービスのひとつです。

「不動産担保型生活資金」の概要
金利年3.0%、または長期プライムレートのいずれか低い利率
借入金額月30万円以内(自宅の評価値以内)
使途目的生活資金
年齢条件65歳以上
申込条件低所得の高齢者世帯(市町村民税非課税もしくは均等割課税など)
返済期限・借受人の死亡時まで
・貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間
対象エリア全国対応
連帯保証人必要

一括借入などはできず、居住不動産(土地)の評価値によって毎月30万円を上限に融資を受けられます。

そのため、銀行のリバースモーゲージのような、老後のまとまった資金を用意することはできません。

年齢条件は65歳以上の低所得の高齢者世帯(市町村民税非課税もしくは均等割課税など)に限られ、金利は年3.0%または銀行の長期プライムレートのいずれか低い方が適用されます。

審査基準などは各都道府県の社会福祉協議会によって異なっていますが、担保として1,000万円〜1,500万円以上の居住用不動産を求めているところが多く見受けられます。

不動産担保型生活資金の特徴
  • 窓口は各市町村の社会福祉協議会
  • 一括借入できずまとまった資金は用意できない
  • 借入金額は月30万円以内
  • 審査基準は各都道府県によって異なる
  • 1,000万円〜1,500万以上の担保(居住用不動産)が融資条件で多い

参考サイト:
厚生労働省公式サイト(生活福祉資金貸付条件一覧)
全国社会福祉協議会公式サイト(生活福祉資金)
全国社会福祉協議会公式PDF(生活福祉資金 -(2)資金種類、貸付条件)
栃木県社会福祉協議会公式サイト(不動産担保型生活資金)
神奈川県社会福祉協議会公式サイト(不動産担保型生活資金のご案内)

不動産担保型生活資金のメリット・デメリット|担保があれば低所得世帯の高齢者でも申し込める

不動産担保型生活資金は生活支援を目的作られた制度であるため、市町村民税非課税といった低所得世帯の高齢者には利用しやすくおすすめです。

自宅や土地といった担保を必要としますが、それらの居住用不動産を持っていれば安定した生活資金を確保できます。

また、借り入れた資金の一部をいざというときの備えに回すことによって、将来の入院費用や手術費用なども捻出しやすくなります。

銀行のリバースモーゲージは貸付対象のエリアが限定されていますが、不動産担保型生活資金の場合には全国対応しているため、住んでいる地域によって制限されることもありません。

不動産担保型生活資金のメリット

  • 低所得世帯の高齢者でも利用しやすい
  • 不動産があれば年金収入でも審査が通りやすい
  • 国の貸付制度だから安心して申し込める
  • 全国に対応している

とは言え不動産担保型生活資金も銀行のリバースモーゲージと同様に、自宅の土地を担保にするため前述した「長生きリスク」がデメリットになります。

また、不動産担保型生活資金の場合には、65歳以上でなければ利用できず、また一括借入もできません。

さらに、生活資金とはいえ融資までには数ヶ月かかってしまう場合もあり「今すぐお金が必要!」といった高齢者には向いていません。

不動産担保型生活資金のデメリット

  • 「長生きリスク」が避けられない
  • 65歳でなければ申し込めない
  • 一括借入はできない
  • 相続人から保証人を立てる
  • 融資までに数ヶ月かかることもある
  • 1,000万円〜1,500万以上の担保が必要

年金さえ受け取っていれば「年金担保貸付制度」で借りられる

カードローンやシニアローンは年金受給者も利用できるものもありますが、金利を考えると「年金担保融資制度」の検討がおすすめです。

年金担保融資制度*であれば、借入金額にかかわらず年2.8%という低い金利で借りられます。

※年金担保融資制度は「令和4年3月末で受付終了」します。

参考サイト:福祉医療機構公式サイト(年金担保貸付制度事業)

「年金担保貸付制度」の概要
金利年2.8%
借入金額・10万円〜200万円(生活必需物品の購入の場合は10万円~80万円)
・年金の年額80%まで
・1回の返済額の15倍以内
使途目的・医療費
・介護福祉費
・住宅改修費
・教育費
・冠婚葬祭
・事業維持費
・債務等の一括整理(借り換えなど)
・生活必需品の購入費
年齢条件65歳以上
申込条件・年金を受け取っている
・年金証明書を持っている
返済期間おおむね2年6ヶ月以内(生活困窮者は最大3年まで延長可能)
連帯保証人必要
必要書類・本人確認書類
・借入申込書
・年金証書
・年金の支給額を証明できる書類(年金振込通知書など)
・使途目的を証明できる書類(見積書など)

提供しているのは独立行政法人の「福祉医療機構」になり、主に厚生労働省の管轄しています。

申込窓口は「独立行政法人福祉医療機構代理店」と表示された金融機関ですが、都市銀行や地方銀行であれば概ね受付しています。

また、信用金庫や信用組合などでも受付しているため、気になる方がいれば以下の受託金融機関一覧を確認してみてください。

年金担保融資制度の代理店一覧

福祉医療機構公式PDF(受託金融機関一覧)

借入額は受け取っている年金(年額)の80%までで、最大200万円まで借入可能です。

使途目的は医療費や住宅の改修、引越し費用、冠婚葬祭費といった日常生活に必要な費用から、消費者金融からの借り換えや水道光熱費などの滞納などにも充てられます。

ただ、旅行などの交遊費やその他の生活費などには充てられません。

年金担保融資制度の利用後には、福祉医療機構を通して年金が支払われ、返済金額を差し引いた金額が指定口座に振り込まれます。

そのため、返済の手間などは発生しませんが、年金の受取額は減ってしまうため、無理のない運用が必要です。

その他、生活困窮者に対しては返済期間や毎月の返済額などの緩和措置が用意されてあります。

年金担保貸付制度の特徴
  • 提供しているのは国の独立行政法人「福祉医療機構」だけ
  • 銀行や信用金庫で申し込める
  • 利用後は福祉医療機構を通して年金を受取る
  • 家計の状況で返済期間や返済額を緩和してくれる
  • 生活保護受給者は対象外

参考サイト:
福祉医療機構公式PDF(金利情報)
福祉医療機構公式PDF(年金担保貸付融資のごあんない)
福祉医療機構公式サイト(やむを得ない事情により返済が困難となったかたの貸付条件変更について)

年金担保貸付制度のメリット・デメリット|金利が低く消費者金融からの借り換えもできる

年金担保融資制度のメリットは、年金受給者であれば概ねどのような高齢者でも低い金利で借り入れできることです。(生活保護受給者などは利用できません)

医療費や住宅の改修費用だけでなく、消費者金融のカードローンなどからの借り換えにも利用できます。

前述の通り、消費者金融のカードローンの場合には年18.0%の金利が多く、10万円を借りた場合には、単純に1年間で18,000円の利息です。

一方、年金担保融資制度は年2.8%の金利なので、同じ10万円の借り入れでも利息は2,800円しか発生しません。

そのため、消費者金融への返済が厳しい方などは、年金担保融資制度へ借り換えすることで返済の負担が軽減できます。

また生活困窮者に対しては、返済額を1,000円単位に緩和してくれるようになっており、さらに返済期間も3年まで延長可能です。

年金担保貸付制度のメリット

  • 金利は年2.8%と低い
  • 消費者金融からの借り換えができる
  • 1万円から返済できる
  • 生活困窮者の返済は1,000円単位で3年間に緩和できる

一方、デメリットとしては受け取れる年金額は目減りしてしまうことです。

年金担保融資制度の利用後は、福祉医療機構を通して年金が支払われるため、自動的に返済が天引きさてしまい、返済余剰金が年金として振り込まれます。

また、申込条件として連帯保証人が求められるため、カードローンやフリーローンのように保証人不要で借りられないこともデメリットになります。

年金担保貸付制度のデメリット

  • 受け取れる年金が減ってしまう
  • 生活資金には充てられない
  • 使途目的が分かる証明書類が必要
  • 連帯保証人が必要
  • 融資までには4〜5週間かかる

他にも「高齢者住宅財団のリフォーム支援制度」や「質屋の融資サービス」でも借りられる

最後に「高齢者住宅財団のリフォーム支援制度」と「質屋の融資サービス」をそれぞれ簡単に紹介します。

「高齢者住宅財団」とは、高齢者の住生活の安定を主な目的として設立されており「リフォーム支援制度」をはじめさまざまな融資サービスを行っています。

リフォーム支援制度の利用によって、金利は年1.05%で最大1,500万円まで借りられ、自宅のリフォームの資金として充てられます。(2021年2月時点)

そして「質屋の融資サービス」は、主に「大黒屋」や「かんてい局」といった大手買取業者などが行っています。

年齢上限などは特に設けていないため、貴金属やブランド品などを保有している高齢者であれば借入可能です。

質屋の融資サービスの金利は「月利」で提示しているところが多く、借り入れの際には金利表記をよく確認しておく必要があります。

ちなみに、大黒屋の貸付利息は「月0.96〜1.5%」なので、年利にすると「年11.52〜18.0%」といった金利になります。

参考サイト:
高齢者住宅財団公式PDF(リフォーム支援制度の解説)
大黒屋公式サイト(賢い質屋の使い方)

タイトルとURLをコピーしました